« ヘッドラインをBlogにしてしまった | トップページ | フラッシュメモリの悦楽 »

2005/02/03

イギリスの話(3)

IMGP1773ロンドン最大の繁華街・ピカデリーサーカス。

いきなり白人のババアが、針金と色紙をネジっただけの小汚い花のような物を押しつけてきた。くれるのかと思ったら、何かの寄付らしい。

めんどくさいのに捕まったなあ、と思いながら財布から適当にコインを渡したら、「50ペンス(約100円)じゃ足りん。もっとよこせ」みたいなことを言ってきたので、当方キレて、「こんなんいらんわ!」とネイティブの日本語で怒鳴り、小汚い花をババアに突き返した。

人の善意に高いも安いもあるか! 3べんくらい死ね!!

かつて秋葉原で似たようなインチキ慈善団体に捕まり、仕方なく50円出したら「こんなんじゃ足りない」とか言われたイヤ~な記憶がフラッシュバック。

振り返ると、あの小汚い花と引き替えに1ポンドをじゃらじゃら渡している嫁さんの姿があった…。

|

« ヘッドラインをBlogにしてしまった | トップページ | フラッシュメモリの悦楽 »

旅(仕事含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70893/2787332

この記事へのトラックバック一覧です: イギリスの話(3):

« ヘッドラインをBlogにしてしまった | トップページ | フラッシュメモリの悦楽 »