« イギリスの話(5) | トップページ | なんかきた »

2005/02/18

イギリスの話(6)

IMGP1458イギリスの家庭用電源は、基本的に「BFタイプ」と呼ばれる3ピンのでっかいコンセントだ。電圧は220Vなので、対応機器か変圧器必須。

コンセントの形状は地域によって、ひどい場合はホテルの階で違ったりすることもあるそうな。しかし筆者、1週間の滞在で毎日ホテルを替えたが、すべてBFタイプのコンセントだった。

IMGP1461

「変換プラグが合わなかった!!」など最悪の場合、洗面所に「SHAVERS ONLY」というヒゲ剃り器専用のコンセントがあるかもしれない。日本を含め、いろんな国用のコンセントが挿せる(3ピンはダメ)。115V側のコンセントなら、日本向け機器も変圧器なしでまず問題なく使えるので、デジカメの充電くらいはできるだろう。

ヒゲ剃り器程度の電力しか供給できないので、大出力のドライヤーなどをつながないように。

|

« イギリスの話(5) | トップページ | なんかきた »

旅(仕事含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70893/2978202

この記事へのトラックバック一覧です: イギリスの話(6):

« イギリスの話(5) | トップページ | なんかきた »