« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005/02/26

台湾の話(1)

あまりに設備の悪いホテルに愛想を尽かしチェックアウトを決めた日、仕事を終えて部屋に戻ると、なんか「ADSL插座」とかいうソケットが増えていた。ので、

華麗にネット復帰ー!!!

台湾のすごいところ

1.すでに5~6月の陽気
2.交通マナー最悪。飛び出し、割り込み、幅寄せ、逆行、信号無視、なんでもあり
3.トマトジュースや緑茶に砂糖が入っている
4.野良犬が多い。デパートの中もウロウロする
5.夜中にホテルの廊下をお姉さんがウロウロする

…あんまりすごくないね。そこで、

THSR2

オレンジ色のヤツキター!!

THSR1

ディーゼル車(なぜか日本のDD14形)と連結キター!!

THSR3

なぜか0形キター!!

というわけで、つづく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/20

更新停止の危機!?

突然ですが、アレがらみで今日から20日ほど台湾に行ってきます。

ホントは昨日から行くはずだったのですが、出張命令が出たのがおとといだったので、普段仏様のような筆者がさすがにキレまくったところ、今日出発でいいよということに相成りました。

何の解決にもなってませんが。

パソコンは持って行きますが、現地のホテルでネットにつなげるか分からんので、しばしのお別れを。

結局、なし崩し的に派遣が決まったので、労働ビザ取ってないけどいいんかねえ。一応国家間プロジェクトなのにねえ。

まあいいや。あっちに飽きたら自ら警察にでもチクって、強制送還ねらいの方向で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/18

なんかきた

hsan知らない人から「調整したので確認ください」という文とともに、知らない女性の写真が添付されたメールがきたのでありがたくいただく。

そして晒す(モザイクは筆者の温情)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イギリスの話(6)

IMGP1458イギリスの家庭用電源は、基本的に「BFタイプ」と呼ばれる3ピンのでっかいコンセントだ。電圧は220Vなので、対応機器か変圧器必須。

コンセントの形状は地域によって、ひどい場合はホテルの階で違ったりすることもあるそうな。しかし筆者、1週間の滞在で毎日ホテルを替えたが、すべてBFタイプのコンセントだった。

IMGP1461

「変換プラグが合わなかった!!」など最悪の場合、洗面所に「SHAVERS ONLY」というヒゲ剃り器専用のコンセントがあるかもしれない。日本を含め、いろんな国用のコンセントが挿せる(3ピンはダメ)。115V側のコンセントなら、日本向け機器も変圧器なしでまず問題なく使えるので、デジカメの充電くらいはできるだろう。

ヒゲ剃り器程度の電力しか供給できないので、大出力のドライヤーなどをつながないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イギリスの話(5)

IMGP1067ケンブリッジのファンシーショップにて。
さすがはミツフィーさん。イギリスでも大人気です。

って、ミツフィー日本製のキャラじゃないよ、助けてブルーナ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/17

スピーチ・バルーン

ソニーハンディカムのCM「はじめての登校日篇」のBGMが、大瀧詠一御大歌うところの「スピーチ・バルーン」。本曲が収録されたアルバム「A LONG VACATION」は、前にも書いたが、世界で最初にリリースされたCDの1枚だ。

現在はインストバージョンを加えた20周年記念エディションになっているが、お値段¥2,100で名曲揃いなので、まだ御大を知らない人は騙されたと思って買ってみるがよろし。

ちなみに、スピーチ・バルーンとはマンガの「吹き出し」の意味。去ってゆく彼女に言えなかった言葉が、吹き出しになって波間に漂う…という松本隆の美しい詞もポイント高し。

今年こそ大瀧詠一リバイバルブームがくる!!…のか?

(追記済)

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2005/02/16

イギリスの話(4)

IMGP1465子供向けチャンネルで踊ってた卑猥な着ぐるみ。
彼らは寝るとき首を引っ込めるので、首の周りの余った皮がずりあがる。
そして、起きるときには(以下略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/14

今日~はな~んの日? フッフ~♪

1997年の今日、セガサターン用ADV「だいな♥あいらん」が発売されました。8年たちますか。あれから。

えみりやあんじぇも生きてたら社会人ですよ。死んでないけど。

社会人といえば、昔読んだ「だいな」の同人誌で、恐竜使いになれなかった ぱりん先輩を あんじぇが詰(なじ)る、という話があって、ひどく感銘を受けたのを思い出しました。いつか、こういうドン暗いマンガを描いてみたいものです。

まあ、それはともかく。

伊東姉妹やぱりん先輩、その他変態どもとのつきあいはまだ続きそうです。向こうはイヤがってるかもしれませんが。

ちなみに、筆者が「ぎがどらWeb」(「はぴめそ。」の前身)を勢いで立ち上げたのは1996年12月。ベッコアメ→ODN→@Niftyと場所は変えましたが、芸風が変わってないので安心(何が?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/10

急に

宮崎アニメ関連があわただしく。

<ベネチア映画祭>宮崎駿監督に「栄誉金獅子賞」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050209-00000050-mai-soci

同賞は、優れた作品を生み出し続ける映画人に贈られ、これまでにフェデリコ・フェリーニ、スタンリー・キューブリック、クリント・イーストウッド各監督らが受賞している。日本人では初。

なんやよくわからんが、すごそうな賞である。フェリーニ、キューブリックに並んじゃったよ。


ジブリ、徳間書店から独立…宮崎アニメ世界へ足場固め
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050211-00000401-yom-soci

スタジオジブリは1985年に徳間書店が子会社として設立した。徳間書店の経営悪化に伴って、1997年に本体に吸収されて事業部門の一つとなり、アニメ映画のヒットによる稼ぎが、徳間書店の経営を支える構図になっていた。

徳間書店の出版部門のリストラが進み、ジブリに頼らなくても自立できる見通しが立ったことなどから、ジブリの独立を認める環境が整った。


宮崎アニメ、ハリウッドで実写映画化?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050209-00000005-eiga-ent

話によると、あくまでも、角野栄子の原作小説の実写映画化らしい。目指せ日本のローリング。

なお、

魔女の宅急便ホームページ
http://home4.highway.ne.jp/kiki/index.html

には、まだこの件について何も書かれていないが、

english

英語版のこの表紙はどうかと思う。

englishup

キキかわいいよキキ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/02/07

秘蔵画像コレクションから(3)

IMGP0773日暮里駄菓子屋横丁が駅前の再開発に引っかかり、'04年の8月末でいったん終わるというのであわてて見に行く。

日暮里駄菓子屋横丁については、この辺が詳しいので説明しない。
http://www.arakawanet.com/mt/archives/000020.html

端的に言うと、上野アメ横のようになれなかったのが敗因といったところか。

ニュースでたびたび伝えられていたこともあり、現場は人でごった返していた。なんでも、再開発の終わった後は新しいビルで5店舗が営業再開するそうな。

IMGP0772
我々の世代では「ロッチガム」だな。

IMGP0775
看板猫。かなりお歳を召しているようだが、捨てられることなく無事に引っ越せただろうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

うんこ

unkoyogenなんか殴り描いてたらできた。
ネタは小学生レベル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/03

フラッシュメモリの悦楽

筆者の手元にPCカード型フラッシュメモリ。容量150MB。会社で作ってたソフトの動作検証に、日立から借りてきたサンプル品。当時の価格で●●万円。

あれから時間は残酷に過ぎ、いまやSDカードですら容量1GBの製品がフツーに市販されている昨今、骨董品といってもよいPCカード型フラッシュメモリです。

しかし、制御機器の分野では、PCカードアダプタをかましても読めないメモリカードがちらほら(何で互換性なくなっちゃったの?)。こんな状況なので、このPCカードは結構重宝しています。

先日、貸し出していたこのカードが返ってきたので、中身を整理しようとしてパソコンで開いてびっくり。

150MBのうち、100MB以上がエロムービーで埋まってやんの。

一応中身を検閲すると、「新しいフォルダ」の下にコスプレ物とか、女子高生物とかがぎっしり。非常に筆者の趣味に近い。

それもそのはず。筆者が出張の時に、空いた時間でホテルのLAN経由で落としまくったムービーだからだ! プギャース!!

なんで自分、このカードに保存してるかな。あまつさえ、そのまま人に貸しちゃったりするかな。

死のう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イギリスの話(3)

IMGP1773ロンドン最大の繁華街・ピカデリーサーカス。

いきなり白人のババアが、針金と色紙をネジっただけの小汚い花のような物を押しつけてきた。くれるのかと思ったら、何かの寄付らしい。

めんどくさいのに捕まったなあ、と思いながら財布から適当にコインを渡したら、「50ペンス(約100円)じゃ足りん。もっとよこせ」みたいなことを言ってきたので、当方キレて、「こんなんいらんわ!」とネイティブの日本語で怒鳴り、小汚い花をババアに突き返した。

人の善意に高いも安いもあるか! 3べんくらい死ね!!

かつて秋葉原で似たようなインチキ慈善団体に捕まり、仕方なく50円出したら「こんなんじゃ足りない」とか言われたイヤ~な記憶がフラッシュバック。

振り返ると、あの小汚い花と引き替えに1ポンドをじゃらじゃら渡している嫁さんの姿があった…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »