« 秘密兵器 | トップページ | ゲイ人 »

2005/06/12

台湾訛(なま)り?

台湾の公用語は中国語(北京語)と台湾語ですが、どうもこちらの北京語は訛ってるような気がします。

筆者が気づいた訛りは、「チ」、「シ」、「ジ」などの発音から「h」が抜けること。たとえば、

・チャー(茶)→ツァー
・シエシエ(謝謝)→セセ
・シュエシャン(学生)→スエセン
・ジョングオ(中国)→ゾングオ

こんな感じです。

とても困るのは、「10」の北京語読み「シ」は「ス」となり、「4」と発音が同じになってしまうこと。

つまり、「14」「40」はいずれも「スス」と読み、四声(アクセント)でしか区別できません。

ハードル高いです。ちょっと北京語をかじって、ピンインが読める程度の筆者では太刀打ちできません。

ほんま、中国は広大やで。

|

« 秘密兵器 | トップページ | ゲイ人 »

たいわん。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70893/4517630

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾訛(なま)り?:

» 台湾語 [世界の言語]
台湾語: ''この記事では、台湾で話されている台湾語について詳述しています。その他の意味での用法は、#その他の意味 を参照のこと。''台湾語 (Tâi-oân-oē or Hō-ló-oē; 中国語|中国語: 台Ţ...... [続きを読む]

受信: 2005/08/06 19:21

« 秘密兵器 | トップページ | ゲイ人 »