« 骨まで愛して | トップページ | 輝け! 第1回ニセモノグランプリ »

2005/08/21

新紙幣、登場。

何気に銀行へ行って日本円を両替したら新札が出てきたので、ちょっと比較してみたよ。

bill1

新100元札は入手できなかったのでまたの機会に。あと、台湾にはこのほかに200元と2000元の札が存在するが、日本の2000円札と同じで微妙な立ち位置

一見してすぐ分かるのは、まず右端の銀箔とホログラム。続いて500元札が落ち着いた茶色になった。旧札は100元札と色味が似ており、100元のつもりで出して釣をちょろまかされるという惨事が多発したため(ウソ)。

筆者的には1000元の肖像画に注目したい。

地球儀を見て台湾の大きさとその立ち位置の微妙さに驚愕するまだ見ぬ世界に思いをはせる子供たちの図だが…。

bill2

なんか描き直してるし。

旧札は「写真をスキャンしてそのまま原盤にしました」的な感じで、もともとボケボケなんだよね。だからといって描き直すか? 顔変わっちゃうくらい。

真ん中の女の子は毛とか追加されてるし。毛とか。

買い物したら、「これ偽札ですよ」とか言われて突っ返されそう。というか、使った時点で逮捕かも知れん。

|

« 骨まで愛して | トップページ | 輝け! 第1回ニセモノグランプリ »

たいわん。」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、ところで日本の2000円札
にはどういう感想をお持ちでしょうか。
よろしければ拙ブログに立ち寄って、コメント
をお願いします。

しかし、本田さんが亡くなるとすぐにベスト盤
の宣伝をするアマゾンって・・・。
まさに「資本家は自らの首を吊るロープ
でさえ売りに出す。」という言葉そのまま。

投稿: 2000円マスター | 2005/11/06 19:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70893/5575847

この記事へのトラックバック一覧です: 新紙幣、登場。:

« 骨まで愛して | トップページ | 輝け! 第1回ニセモノグランプリ »