« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/25

「ドリマガ」4月号

に、右手番長氏のインタビュー記事あり。本名で載っちゃってるのでどのゲームかは書かない。

「ぎがどらいぶ」には何人かゲーム業界経験者がいるが、未だ現役、かつ、業界にここまで食い込むことができた人はいない。大変な快挙といえよう。

感動した。

ところで、右手氏の新しいWebサイトをどこかで見かけたような気がするが…。気のせいか。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

「時をかける少女」アニメ映画化

NEWS@nifty:「時をかける少女」がアニメ映画化(スポニチ)

女子高生が“タイムリープ(時間と場所を跳躍)”するベースはそのままに、登場人物や物語を一新。

待て。

それは単なるタイムスリップものであり、「時をかける少女」でも何でもないのでは、と。

公式サイト。
http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/index.php

監督は2005年春の劇場版「ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島」を手がけた気鋭の監督、細田守。

ほ、細田大将―――――――ッ!!!

それを美術として画面に表現するのは、「もののけ姫」「火垂るの墓」など、多くのスタジオジブリ作品の美術監督を務めた山本二三。

山本先生―――――――ッ!!!

脚本を担当したのは「学校の怪談」で日本アカデミー賞脚本賞を受賞した奥寺佐渡子。アニメーション作品はこれが初めてです。

きれいに3段オチが決まったところで寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/23

伊東姉妹新作追加

itoh58promo
筆者の脳内で、「エロ姐さん」ことぱりん先輩ブーム再燃中。特に何をするというわけではありませんが。

とはいえ、せっかくなので1枚描いてみましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/21

「使う人次第」とはいうけれど…

NEWS@nifty:危険性ない“新ウィニー” 元東大助手の金子被告開発(読売新聞)

山田系ウイルスによって破竹の勢いでいろんな分野のとっておき情報が流出してる昨今ですが、いかがお過ごしですか?

どうせみんな、Winnyをフォトショやらエロゲーやら映画やらCDやら落とすためにしか使ってないんでしょ? もー使用そのものを禁止しちゃっていいんじゃないのかと。

開発者さんも、表向きは崇高な目的に使うものだと言うよ、そりゃ。でもあらかたのユーザーはそんなの期待してないでしょ?

記事の話に戻ると、その管理ガチガチになった新Winnyネットワークにどれだけ人が集まり、どんなデータが流れるかで、日本のネットユーザのモラルが量れると。

まあ、期待はしてないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »