« 伊東姉妹新作追加 | トップページ | 「ドリマガ」4月号 »

2006/03/25

「時をかける少女」アニメ映画化

NEWS@nifty:「時をかける少女」がアニメ映画化(スポニチ)

女子高生が“タイムリープ(時間と場所を跳躍)”するベースはそのままに、登場人物や物語を一新。

待て。

それは単なるタイムスリップものであり、「時をかける少女」でも何でもないのでは、と。

公式サイト。
http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/index.php

監督は2005年春の劇場版「ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島」を手がけた気鋭の監督、細田守。

ほ、細田大将―――――――ッ!!!

それを美術として画面に表現するのは、「もののけ姫」「火垂るの墓」など、多くのスタジオジブリ作品の美術監督を務めた山本二三。

山本先生―――――――ッ!!!

脚本を担当したのは「学校の怪談」で日本アカデミー賞脚本賞を受賞した奥寺佐渡子。アニメーション作品はこれが初めてです。

きれいに3段オチが決まったところで寝ます。

|

« 伊東姉妹新作追加 | トップページ | 「ドリマガ」4月号 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70893/9247080

この記事へのトラックバック一覧です: 「時をかける少女」アニメ映画化:

« 伊東姉妹新作追加 | トップページ | 「ドリマガ」4月号 »