« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006/04/30

小山田いく「すくらっぷ・ブック」復刊

http://www.fukkan.com/sell/index.php3?mode=detail&i_no=57571035

ケンカ、恋愛、嫉妬、友情、孤独‥‥青春群像を描いた小山田いくの代表作。 コミックス全11巻を今回は全4巻に再編集して復刊します。

マジでマジで? 筆者中学生の頃にどハマリしてましたよ。そのあとの「ぶるうピーター」「ウッド・ノート」「星のローカス」あたりまで、嫁さんの兄貴から借りて読んで追っかけてました。

10年くらい前に、駅前の古本屋で11巻セットを買ったんだけど、部屋中探しても見つからないんだよね。


追記:思いっきりタイトルを間違えた。しかし筆者、あくまで元・ファンなので謝りませんぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

双子と結婚

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060429-04405971-jijp-int.view-001

姉妹と結婚したウィチャイさん(中央)。姉のスィリターさん(左)とティッパワンさん(右)。重婚が認められていないため、婚姻届は出していないが、3人は「とても幸せです」と話している


ふ、双子…丼……うま…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/21

適当に

Pic0604

適当に描いてたら、ちょっと気に入ったので色塗って保存。
ここにオリジナル貼るのは初めてかもしれず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/09

「Boot Camp」:Intel MacでWindowsXP動作、しかもApple純正

さんざん語られているが、筆者も書いておく。

NEWS@nifty:[新製品]アップル、MacでWindows XP起動を実現するソフトβ版、次期OSにも搭載へ(BCN)

「Boot Camp」は、ハードディスク上にWindowsをインストールするためのパーティションを作成したり、Windows用に必要なすべてのドライバを含んだCDを作成するなどして、MacへのWindowsのインストール作業を簡単にするソフト。

既に、CPU以外はWindowsマシンとほとんど同じアーキテクチャとなっていたMacがIntel CPUを採用し、その独自性が限りなく薄まってきたところにこのニュース。

あ、やっぱり中身はPCなのね。

ここまで「降りてきてしまった」Macで、MacOSを使い続ける理由はあるの? もうAppleはデザイン重視のWindowsマシンを作る1ベンダーとして生きていけばいいんじゃね?

かつて「国民機」PC-98シリーズを売っていたNECは、MicrosoftにPC-98用Windowsを作らせ、「Windows時代になっても使える98シリーズ」として売り出したが、「DOS時代の過去の資産」でしか独自性を維持できず、延命こそすれ、シリーズは結局終焉してしまった。

今回のIntelMacリリースからの一連の流れが、PC-98の末路と重なって見えて仕方がない。というか、Appleの場合「過去の資産」すらぶった切っちゃうからなぁ…。

やっぱMac無くなると困るじゃん? だってほら、MacってPCに対する「かうんたかるちゃ」? みたいな。なんか「はん・たいせい」って感じ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/02

しゅりんぴんぐ?

Ebi1_1 Ebi2

台湾に来る機会があったら、是非一度「釣蝦(エビ釣り)」にチャレンジしていただきたい。

釣蝦は、要するにエビの釣り堀なのだが、台湾では魚の釣り堀よりも数が多い。商店街の中にいきなりあったりする。

そんな無茶な。

筆者らが行ったエビ釣り場はレストランやゲームセンターとの複合施設(24時間営業)で、平日深夜3時にもかかわらず満員の順番待ちだった。

そんなバカな。

受付で釣り道具を借りると、生の鶏肉を餌として渡されるが、隣に座った知らんオッサンが「そんなんじゃダメだ」と手持ちの餌(干しエビ)を分けてくれた。

共食いじゃん。しかし、悲しいかな鶏肉よりアタリが断然多い。これだから畜生は。

(そう言えばザリガニ釣りでも、名人は最初の1匹のシッポをもいで餌にしてたなあ…)

魚と違って、奴らは2次元で動くため、アタリを見極めるのがかなり難しい。「あれ、これアタリ?」と思ったときにはもう餌をやられている。

それでも30分ほど戦った結果、筆者も2匹の捕獲に成功した。ヒットしたときの引きがなかなかに強烈で、いやーこりゃオモロイわ。

体長20センチほどの奴は長い手を器用に折り曲げ、針を外そうとする筆者の指を挟む。結構痛い。それを見ていた台湾人スタッフのL君(達人)は、ポキポキとその長い手を折っちゃう。奴、おとなしくなる。

達人L君は90分で15匹を釣り上げたが、「今日は調子が悪い」と言っていた。

Ebi3

同じく台湾人スタッフのZ君と、勝負に負けた奴のツーショット。


なお、釣り上げた奴らはスタッフでおいしくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台東地震

昨日18時頃、台東縣を中心に強い地震が発生。最大震度は台東市の震度6。

筆者のいる嘉義市は震度3。揺れはそれほどでもなかったが、時間が長かった。

フランスTGVに決まりかけていた台湾新幹線の受注先が大逆転で日本に変わったのは、'99年の台湾地震がきっかけだったことを思い出しつつ、生存報告。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »