« 究極の対策はP2P非合法化 | トップページ | 見なきゃ良かった »

2006/05/14

焼くか焼かれるか

在来線の嘉義駅から国道1号沿いに南へ20分くらい歩くと、大型スーパー「家樂福(ジアラフー)」があります。フランスのスーパー「CarreFour」の台湾版です。おっと、日本にもちょっとだけ進出してますね。

休日に運動をかねて、時々ホテルから歩いたりします。もうこちらは30℃越えしてるのでかなりタフな散歩です。

まあ、ホテルで一人暮らしですから、2リットルのバナナ牛乳とか買っても仕方ないので、もっぱら見るだけですが時間はそれなりにつぶせます。結構デカい店なので。

地下1階にはフードコートがあり、中華料理や台湾料理やニセ日本料理などの店が軒を連ねています。

ここで、これまでに2回ほど厚切りステーキを頼んだんですが、どうも注文がスムーズにいかない。もともと大して言葉は通じないので、メニューを指さして「ニョウロー(牛肉)、ニョウロー!」と騒いでみます。

しかし、店のおばちゃんはもう一つ聞きたいことがあるようで、何か言ってます。

「ろーそー」

ろーそー? さっぱり分からないので私、目が泳ぎます(15cmくらい)。おばちゃんはあきらめたようで、店の奥に適当に指示を出しています。

ちょっと悔しいので、今までに得た中国語の知識を総動員して推理します。

「ろー」はおそらく「肉」でしょう。肉屋だし。「そー」が分かりません。「肉縮」「肉捜」「肉所」? こんな言葉ねえから。なんなの肉どころって。エロいわ。

状況を整理します。

肉屋で、厚切りステーキ、厚…厚切り!?

ひょっとして、あのババア焼き加減を聞いたんか!? (←興奮して言葉が乱暴になっています)

「焼」は北京語では「シャオ(shāo)」、台湾では訛って「サオ」。「ローサオ」=「焼き方はどうするん?」という線はあるかもしれません。

早速今夜、特攻です。華麗に、かつクールに「ミディアムで」と決めることにしま……。

中国語で「ミディアムで」ってなんて言えばいいの!?

|

« 究極の対策はP2P非合法化 | トップページ | 見なきゃ良かった »

たいわん。」カテゴリの記事

コメント

私も海外に行くと、必ずスーパーに行きます。洋服とか買わないので、スーパーが一番楽しいです。
中国語ができると楽しそうですね。
よこやま@スペイン語は3日で挫折

投稿: よこやま(AY) | 2006/05/16 20:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70893/10064161

この記事へのトラックバック一覧です: 焼くか焼かれるか:

« 究極の対策はP2P非合法化 | トップページ | 見なきゃ良かった »