« 呼吸も止まらん勢いで。 | トップページ | 手柄横取り? »

2006/06/04

「君が代」って何だ?

「君が代」替え歌流布 ネット上「慰安婦」主題?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060529-00000000-san-soci&kz=soci

「従軍慰安婦」や「戦後補償裁判」などをモチーフにした内容だが、本来の歌詞とそっくり同じ発音に聞こえる英語の歌詞になっているのが特徴で、はた目には正しく歌っているかどうか見分けがつきにくい。

【詞】
 Kiss me, girl, your old one.
 Till you're near, it is years till you're near.
 Sounds of the dead will she know?
 She wants all told, now retained, for, cold caves know the moon's seeing the mad and dead.

【訳】
 私にキスしておくれ、少女よ、このおばあちゃんに。
 おまえがそばに来てくれるまで、何年もかかったよ、そばに来てくれるまで。
 死者たちの声を知ってくれるのかい。
 すべてが語られ、今、心にとどめておくことを望んでくれるんだね。
 だって、そうだよね。冷たい洞窟は知っているんだからね。
 お月さまは、気がふれて死んでいった者たちのことをずっと見てるってことを。

インテリ左翼先生が朗々とこの替え歌を歌うと、生徒に「あれ? あいつ宗旨替えしたんか?」と思われてしまう罠。つーか、詩がキモいしシュールすぎ。

まあ、そんなインテリの自己満足は置いといて。


「君が代」の歌詞は、おめでたい席などで子孫繁栄や長生を願う歌から取ったようだ。この歌、ずいぶん流行ったらしく、平安時代に発行された2つの和歌集(時間差100年)にそれぞれ収められてたりする。

これが明治時代になり、新政府が大英帝国のマネをして国歌を作る際に、この割と有名な歌を選んだのが「君が代」誕生の秘密。歌詞がそのまま「国歌安泰の歌」として使えるからだ。


んじゃ、今はどうなの? ちょっと古い資料だけども、こんな答弁が。

国歌君が代の「君」は,日本国及び日本国民統合の象徴であり,その地位が主権の存する日本国民の総意に基づく天皇のことを指しており,君が代とは,日本国民の総意に基づき,天皇を日本国及び日本国民統合の象徴とする我が国のことであり,君が代の歌詞も,そうした我が国の末永い繁栄と平和を祈念したものと解することが適当であると考え,かつ,君が代についてこのような理解は,今日,広く各世代の理解を得られるものと考えております。

平成11(1999)年6月29日 衆議院本会議 内閣総理大臣

1999年当時の総理大臣は故・小渕恵三だな。

長くてピンとこないので、自衛隊の幹部候補生学校のサイトも確認。

元来、「天皇の御代がいついつまでも」という意味があり、現代の日本は、日本国憲法において「天皇は日本国の象徴であり、日本国民統合の象徴でもある。」と規定し、国民主権を原則とした象徴天皇制であることから、現代訳は「日本及び日本国民が、いついつまでも平和で栄えますように」という意味になる。

要するに、「A=日本と日本人」「B=天皇」とすると、

「君が代はBをたたえる歌だけど、B≒Aなので、君が代はAをたたえる歌でもあったんだよ!!
な、なんだって―――!!!

ヒント:象徴天皇制


「君が代は天皇をたたえる歌だよん」と明確に書いてあるのね、現代日本でも。ちょっと複雑な気分。小中高と斉唱した覚えがないんだよね。

マーチ風の没個性な国歌が多い中、西洋音楽の枠にとらわれない「君が代」独特の旋律は好き。

君が代 - Wikipedia
参考:ステキすぎるフランス国歌「ラ・マルセイエーズ」

|

« 呼吸も止まらん勢いで。 | トップページ | 手柄横取り? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70893/10383490

この記事へのトラックバック一覧です: 「君が代」って何だ?:

« 呼吸も止まらん勢いで。 | トップページ | 手柄横取り? »