« 細田カントクのアレ | トップページ | 「2期」に備えて »

2006/07/24

新海カントクのアレ

それでだ、その帰りにTSUTAYAに寄って「雲のむこう、約束の場所」を借りたわけですよ。

「人を想うこと」に重きを置きたいカントクの意図はともかく、ちょっと精神的に過ぎやしないか?

戦後、南北に分断された日本とか、北海道にそびえる謎のアレとか、巨大な舞台装置の前でアヤトリの実況中継を観てるようなもどかしさを感じるのね。

前半の中学生時代のエピソードが意味なく長くてダレるし、ヒロインがアレになっちゃう前から、主人公は北海道のアレにあこがれてんだけど、理由全然分かんないし。あと、政府と利害の一致するテロリストって何?

中学卒業後、進路も立場も違えた親友と簡単に仲直りしすぎ。銃とか突きつけてたのになあ。

最後、ついに主人公は戦火の中、アレへの命がけの飛行に出発し………大したトラブルもなく簡単に到着。んで、すべてがあっさり解決。おめでとう、ああ、本当におめでとうございます。

食  い  足  り  ね  え。

背景は相変わらず凄いし、ヒロインも(デザインはともかく)フニャフニャした動きがかわいい。


次回作は大げさな舞台装置がないようだから、そういう意味でのアンバランスさはないと思うけれど、さらに地味な映画になる予感。

まあ、頑張れ。

|

« 細田カントクのアレ | トップページ | 「2期」に備えて »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70893/11078226

この記事へのトラックバック一覧です: 新海カントクのアレ :

« 細田カントクのアレ | トップページ | 「2期」に備えて »