« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/25

「にょろーん☆ちゅるやさん」ナチュラルに購入

にょろーん☆ちゅるやさん」あとがき

理由は単純、私がスモークチーズの美味しさに目覚めたからです(ぉ

にょろ~ん。

あやまれ!! 全8巻隅から隅まで読んで、スモークチーズネタの出所を確認してしまった筆者にあやまれ!!

しかし、ちゅるやさんが、やるせなさ過ぎるので、特別に恩赦しても、いい。

本文フルカラー同人なんて生まれて初めて買ったわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/20

Wikipediaで「ごんぎつね」を見る

ごん狐
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%94%E3%82%93%E7%8B%90

2006年8月9日にTBS系列放送の「まんが日本昔ばなし」夏休みスペシャルにてアニメ化された。

WikipediaまちがってるよWikipedia。

初放映は1985年3月16日で、今年やったのは単なるデジタルリマスター版。見たままを嬉々として書き込むのやめてWikipedia。

ちなみに、あれほど警告したのに、嫁さんは録画したそうです。

帰国して消します。


俺とごんぎつね、戦いの記録(関連記事)
http://ott-mercus.cocolog-nifty.com/kisama/2006/08/post_9f6c.html
http://ott-mercus.cocolog-nifty.com/kisama/2005/08/post_91e7.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/17

ビスケットをつくろう

突然だが、筆者はネコ好きである。犬も嫌いではないが、2つ並んでたら先に箸をつけるのはネコである。箸つけんなよ。

筆者お気に入り動画の一つ。アホかわいい。

Sleepy Kitten
http://www.youtube.com/watch?v=7KcGQ8fTbCE

この両手を交互ににぎにぎする行為を英語では「ビスケット作り」、オレ語では「おっぱい揉み」という。

爪を立てるので、実際やられると結構痛いんだけどね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

安いよ。たまに 落とすけど。

うつらうららか (8/11記事)
http://u-u.2-d.jp/

スペースにて明記したとおり、うつらうららかの新刊「にょろーん☆ちゅるやさん」は
印刷所のミスにより、会場に本が搬入されることはありませんでした。
足を運んでくださった皆様、本当に申し訳ありませんでした。

にょろ~ん。

【追記】メロンブックスにて通販が開始されました。
http://shop.melonbooks.co.jp/tsuhan/system/sp_nyoron.php?RATED=18

具体名出ちゃってるよ具体名(アキバBlog)
http://www.akibablog.net/archives/2006/08/post_705.html


筆者が夏コミの台風の目の1つとにらんでいた「にょろーん」の人の本は、印刷屋が納期守らず新刊落ちという何ともアレな結果に。このサークル含め、かなりの数が被害にあったと聞く。

この印刷屋、'04年にも一回やらかしているそうだからタチが悪い。設備・人的処理能力に対して仕事を受けすぎたのが原因などと言われているが、単純にプロとしての自覚がないんだろう。

んじゃ、どこが安全確実な同人印刷屋なの?

大日本印刷に頼めば確実じゃね?
http://www.dnparchives.com/comic/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

およげ! たいやきくん

http://www.youtube.com/watch?v=3a0pZ6MXrkU

歌も染みるけど、絵がいいよね。

「ああ…自分は結局、ただの鯛焼きだったんだな」と自覚したとたんに「たいやきくん」の姿じゃなくなっちゃうあたり、今見てもかなり悲しいぞ。

ところでこの曲、454万枚(シングル売り上げ日本記録)売れたんだけど、ポニーキャニオンがその金で自社ビル建てたという話はデマだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/09

【追記あり】台湾セブンイレブン「ドラえもんキャンペーン」(その1)

【関連記事】
台湾セブンイレブン「ドラえもんキャンペーン」(その2)
台湾セブンイレブン「ドラえもんキャンペーン」(その3)


どこが元祖か知らないが、台湾のコンビニではやたらとキャラクターのマグネットが流行っているげ。

去年だけでも、台湾セブンイレブンのハローキティ、全家(ファミマ)のMSNシンボル、Hi-Life(台湾生まれのチェーン)のちびまる子ちゃん…と、キャンペーンだらけ。

今年に入って、セブンは再びハローキティ(磁石でなく、花をあしらったピンバッチ。筆者、指に刺さった)、全家はポケモンランド開催に合わせポケモンをネタに。そしてこの夏、台湾で一番熱いのがセブンイレブンの「ドラえもん」だ。


まず基本事項の説明から。去年のハローキティ同様、77元(=セブン×イレブン。約290円)買い物するごとに1枚、ドラえもんマグネットがもらえる。パッケージに入っており、中身は選べない。


中身はこんな感じ(右の国名にカーソルを合わせると、プレートのデザインが見られる)。

セブンイレブン「哆啦A夢(ドラえもん) Rainbow World Tour」(注:繁体中文)
http://www.7-11.com.tw/event/06dora-rainbow/b1-1.asp


台湾を出発し、34の国を巡って台湾に帰ってくる世界一周旅行をテーマにしたマグネットプレート。台湾は出発と帰着の2バージョンあるので計36種類(多っ!!)。プレートはイラストに合わせて立体加工され、タダでもらえる割には収集欲をそそる作りだ。ちゃっかりコレクション用ボードも販売されている。

既に6種類(ドラえもん・ドラミ・のび太・しずか・ジャイアン・スネ夫)のシークレットの存在がアナウンスされている。

Imgp5068
取材用に入手した4枚のうち、1枚目を開封したらいきなりシークレット。引き良すぎ。


凶悪なことに、日付限定のシークレットも予定されている。

これは、特定の日に77元以上買い物すると通常のマグネットと一緒に必ずもらえる。ただし、1人1枚各店100枚限定。配布開始は朝7:11から。ホントに凶悪だ。

すでに、7/31の情人節(旧暦七夕)と8/8の父親節(88=パパ)の2種類が配布済み。ちなみに父親節マグネットのデザインはこちら。消えてたらこちら

【追記】 情人節マグネットのデザインはこちら。消えてたらこちら


Dora711_1

8/8の朝に突撃した日本人スタッフの話によると、普段ガラガラの店内には十数名の列が出来、その間にもひっきりなしに客が来店したとのこと。「もう行きたくない」とか言ってる貴様の発言は何かおかしいとは思ったが、薄くほほえむ程度でやめておく

【追記】 8月16日から、四季をテーマにした4種のシークレットが登場した。

日本で今、ドラえもんを仕掛けてもこんなにはならんよな…。と思いつつ、うっかり出ちゃったシークレットドラえもんを、スタッフにいくらで売りつけようか画策する筆者であった。


【追記】 おとなばっかりだ。
http://www.7-11.com.tw/event/06dora-rainbow/b2-red-2.asp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俺のトラウマアニメ、復活。

まんが日本昔ばなし夏休みスペシャル
ごんぎつね・ひとりぼっちの子ぎつねごんと兵十の愛らしくも悲しい物語
http://www.tvguide.or.jp/cgi-bin/note.cgi?station=Z0085&airdate=20060809&airtime=1855


リニューアルに浮かれていたら、こんなBAKUDANまで復活かっ!

やめろ!! 今 す ぐ 放 送 と 視 聴 を や め る ん だ あ ぁ っ !!!


筆者が視聴をお薦めしない理由:
http://ott-mercus.cocolog-nifty.com/kisama/2005/08/post_91e7.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/04

JAROを、JAROを呼べ!

Imgp5017

「m&m's Cookies」。もう見たまま。あの極彩色のマーブルチョコを練り込んだクッキーらしい。いかにもメリケンどもの好みそうな油菓子である。

個人的には、このパッケージを見ただけで膝の裏の筋が攣(つ)るような不快感にさいなまれるのだが、おまえらはどうか。

さらに言うと、厳密には台湾ネタではないけどまあよい(自己許可)。

Imgp5023

ママー!! 現 実 が 辛 す ぎ る よ !!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/08/02

「2期」に備えて

Wikipediaによれば、「涼宮ハルヒシリーズ」の2期製作が決定したとか何とかかんとか。それにしても、噂レベルの話を嬉々として載せるWikiたんにも困ったもんだね。

【追記】「2期」の制作決定に関する記事は、最新のバージョンでは削除されています。

というわけで、2期に備え(ウソ。たまたま。)シリーズ7冊を台湾に密輸入した筆者だ。

1冊目が既に入手済みなのは、前記事で報告したとおり。日本との往復を鞄1つで済ます筆者なので、文庫本とはいえ7冊を押し込むのはかなり骨が折れた上に本のページも結構折れてて鬱。

先ほど全巻読了した次第。


下馬評どおり、「消失」はとてもおもしろい。筆者、いい歳してドキドキしながら読んでしまったな。長門っちに転ぶ人が多いのも頷ける。朝倉さんに転ぶ人は真正のマゾ。やっぱり2期は「七夕」~「消失」メインで決まりだね。

しかし、長編「溜息」「陰謀」はいただけません。なんかモッサリした展開で、オチも弱く、古泉の長台詞が集中力を失わせ、とはいえ伏線がちりばめてあるので気が抜けず、半分苦行みたいになった。

それでも「陰謀」は、未来からの指示で行った数々の、一見無意味なお使いが、最後に一つにスパーンとつながったら傑作だった。そうじゃなかったので失格だ。まあ、俺の鶴屋さん大活躍なので60点くらいにしてやるにょろよ。


ところで、古泉とか俺の鶴屋さんが「未来人と宇宙人、どっちを選ぶのか?」とキョンに迫るシーンがあるけども、なぜ選択肢からハルさんが抜けているのだろう。


それにしても、SOS団の秘密って既にハルさんバレだと思うがどうか。「雪山」のあたり、ハルさん、もう知っててスルーしてる感に充ち満ちて、もうドッキドキです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »