« 台中でお買いもの(1) | トップページ | あとはよろしく »

2006/09/11

台中でお買いもの(2)

そんなわけで、僕らの新光三越・台中店にやってきた。

新光三越は、日本の三越と台湾の保険・金融グループである新光HDの合弁企業。正式な読み方は「シングァン・ミツコシ」だが、こっちの人は漢字は容赦なく中国語読みするから「シングァン・サンユェ」と言わないと通じない。

「サンユェ」の「ユ」は、口を「う」の形にして「い」と発音すると吉。

なんでここで日系デパートが出てくるのか? 日系→高い→たぶんおいしいという、非常に分かりやすいロジカルな判断によるものだ。文句ないよね!!

しかし、そんな筆者のすばらしく合理的な作戦はあっさりと崩壊した。デパ地下工事中だから。

何でもリニューアル中で、9/22に新装オープンだそうな。ついでに日本食も買いたかったのに…。

しかし落ち着け。台中は都会だからまだ打つ手がある。


次! 廣三SOGO台中店。台湾のゼネコン・廣三建設と日本のそごうの合弁。'00年のそごうグループ破綻で資本関係が無くなったため厳密には日系ではないけど、まあそんなことはどうでも良い

…生鮮品やってないYO!

※ 10何階か忘れたが、日持ちする菓子・ラーメン・調味料などの日本食含む輸入食材店はある。

フードコートで赤坂ラーメンを食べつつ、涙目になりながら地図を見ていると、近所にスーパー「いなげや」の支店があるではないか!


正式には「裕毛屋(ユーマオウー)」という。この「ユ」も例の「ユ」だゾ!

裕源という商社と「いなげや」の合弁。しかしここも'03年に資本関係を解消しているので、もう いなげやと呼ぶな! 忘れろ! な!

しかし、凄いネーミングセンスだ。裕源の裕といなげや(稻毛屋)の毛を合わせたんだよ? つまり、筆者が いなげやと合弁すると「お毛屋」になっちゃうんだよ? スゴくない?

全然スゴくないよね。

脱線しまくってたらタイムリミットが来ちゃったので、引っ張るほどの話題じゃないけど、続く。

|

« 台中でお買いもの(1) | トップページ | あとはよろしく »

たいわん。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70893/11851021

この記事へのトラックバック一覧です: 台中でお買いもの(2):

« 台中でお買いもの(1) | トップページ | あとはよろしく »