« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/09/26

涼宮ハルヒ:通信カラオケ対応状況大調査

主題歌以外にも名曲(迷曲含む)の多い「ハルヒ」関係。

長門っちへの想いを泣くまでぶつけたいとき、「そらのかなた、へ~♪」を発作的にブチかましたくなった時、僕らはどのカラオケシステムを選べばいいんだろうね?

そこで、一人カラオケ歴10年の筆者が調べてみました。ばば~ん!(←なんかその擬音古くね?)

Haruhi_karaoke_1

なんか、やる気のあるとこと無いとこがパックリと割れた印象。

DAMがパーフェクト達成。激走、というか暴走気味何もそこまでやらなくとも。

そして、「公称10万曲」のUGAは出遅れた印象。

…。

…セガカラ…は、もう、どうでもいいね。(おいおい)


注:○で示された曲でも、機種グレードによっては選択できないことがあります。

| | トラックバック (0)

2006/09/25

涼宮ハルヒ:まだやるか! キャラソンCD第4弾「鶴屋さん」/第5弾「朝倉涼子」

涼宮ハルヒの憂鬱 キャラクターソング Vol.4 鶴屋さん/LACM-4323
http://www.animate-shop.jp/webshop70/commodity_param/ctc/cd/shc/0/cmc/4050889/

涼宮ハルヒの憂鬱 キャラクターソング Vol.5 朝倉涼子/LACM-4324
http://www.animate-shop.jp/webshop70/commodity_param/ctc/cd/shc/0/cmc/4050890/

同人の妄想ネタかと思ってたら、リアルで発売されるそうですよ。発売に関しては、まだ公式サイトに情報が出てないはずで、アニメイトがやっちまった感が漂います。

ていうか、1期の段階では(さらに言っちゃうと「2期」として予想される範囲でも)CD出さにゃならんほど言いたいことないよね、彼女ら。

彼女ら出す前に、キョンのローテンションボヤキソングとか聞きたくね?


キャラソンは1~3までは付き合いましたが、一番ピンとこなかったのがVol.1だったという…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/22

ガチャピン日記、まだ続いてるらしい。

夏休み限定だったようだけども、本人がノってるので続行中。ガチャピンはマメだなあ。
http://gachapin.fujitvkidsclub.jp/

そして、ムックは相変わらずだなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/21

【続報】台湾セブンイレブン「ドラえもんキャンペーン」(その2)

【関連記事】
台湾セブンイレブン「ドラえもんキャンペーン」(その1)
台湾セブンイレブン「ドラえもんキャンペーン」(その3)

8/30に「四次元ポケットコレクションファイル」が発売された。特典として「情人節」「父の日」限定配布だったプレートが付属。おいコラまてテメエ

Sevendora1
http://www.7-11.com.tw/event/06dora-rainbow/b1-1-season.htm

んで、その「四次元ポケット」が12もあるのでイヤな予感がしましてね。

すると、6/28~9/12の予定だったキャンペーンが「好評に付き」10/10まで延長となりましてん。そして…

Sevendora2
http://www.7-11.com.tw/event/06dora-rainbow/b1-1-tool.htm

増えてるー! しかも、もはや World Tourでも何でもねえ――――!!!


…ん?

タイムピロシキ~☆

なんかさりげに、ドラえもんの耳がない問題とか、体が青くなっちゃった問題とか、スッキリ解決してね?


それは置いといて。


この「ひみつ道具」シリーズ6種、日付限定配布シリーズが2種。差し引きあと4つ埋めねばならないポケットがあるわけですが…。


のぶ代自重しろ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/20

「ハレ晴レユカイ」ダンス完全バージョン絵コンテの件

涼宮ハルヒの憂鬱ファンの皆様へ
http://www.kyotoanimation.co.jp/haruhi/info/ed_dance.html

各所で取り上げられている話題だが、EDダンスのフルバージョン、しかもフルコーラスという、正気を疑うような絵コンテが京都アニメーションの公式Webサイトで公開となった。

公式サイトによれば、「『文化祭等で踊りたいので、是非全部見たい』というファンの声に応えた」とのこと。しかし、コンテにはカメラワークの指定やら、「原画様、覚悟のほどを…」とか「TVバージョンC-**兼用」などの文言が確認でき、どう見てもエンディング作り直しです。本当にありがとうございました。

つまり、振り付けの資料に見せかけて、EDフルバージョン制作開始の告知を兼ねてるわけだ。

これか? これがWeb2.0的マーケティング手法なのか!?

DVD最終巻の映像特典になるという噂もあり、当分ハルにゃんマニアは悶々とした夜を過ごすこととなろう。

【追記】 '06/10/7に、最終巻の映像特典になることが正式発表されました。


終わってしまった作品なのに、血ヘドを吐きつつ、文字通り「もう一踊り」しようという京アニのサービス精神には恐れ入る。(確かマーケティングの基本は、はじめによい商品ありき、だったかな…)

しかし冷静に考えると、フルコーラス延々と踊りを見せ続けられると、映像的にはダレる罠。そんなPVは今時ありませんですのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/18

「伊東姉妹」第59弾アップ

出来た!! ってこんな時間じゃんけ!! 空が明るいから!!

上のメニューから、だいな♥あいらん→今週の伊東姉妹で行けます。メニューの出てない方はこちらをクリック。 危険なリンクじゃないです。

マイナス的な何かが渦巻いている、という意味では危険なリンクかもしれず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Google Earth Update! (2)

最新版 Google Earth で、この間死亡事故のあった第1いろは坂を横から見てみる。(注:キャプションは筆者が付けた)

Googleearth3

これを見ると、いろは坂のキツさがよく分かる。

ベクトルデータの地図だけでもこれと同じことが出来るけど、(田舎なのでボケボケだけども)実物ピクセルデータが貼り付いてるとグッと説得力が増すよネ!

まあ、山の稜線に雲が張り付いてるのはご愛敬。

こんな地形図が簡単に(そして無料で)生成できる Google Earth はちょっと凄い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/16

【地球を】Google Earth Update!【ググれ】

僕らの"Google Earth"がバージョンアップして日本語対応になったヨ!

公開されたのはVer4.0のベータ版という位置づけだけど、

  1. 表示の日本語化
  2. ゼンリンのベクトル地図データとリンク

という大きな変更があって、日本エリアの表示がだいぶ見やすくなった。あと、日本エリア分の3Dデータが大幅増量だヨ。

Googlemap1

僕らの大宮駅もこんなに立体的に!(3D表示は今までどおり消すことも出来る)

道路や線路は線で示すことも可能。ゼンリンのデータとリンクした、ショップ・観光地・各種施設などの位置情報のおかげで、実用的に使うことも出来そう。(今まではお遊びのレベルだったからネ!)


そして! 本邦初公開! 筆者の自宅!

Googlemap2

何このヘーベルハウス。 ゼンリンか? ゼンリンの仕業なのか!?


よく見ると、画像データとベクトルデータがずれてる地域があったりしてちょっとご愛敬。

しかし、ベクトルデータだけの味気ない地図と比べて、実物の写真に情報を貼り込んでいく Google Earthは、なんか化けそうな予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「伊東姉妹」第59弾プレビュー

Itoh59preview

まだ作りかけです。週末に完成するといいね。何か更新しといた方がいいような気がしましたゆえ。

本作とは別にマンガが2本控えてますが、いつ上がるか全然分かりません。

1枚1ヶ月マンの名をほしいままに。だれがマンやねん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/13

あとはよろしく

なんか、そっち行くみたいなんで、よろしく。

2006shanshan

ちなみに、台風13号の国際命名は「シャンシャン(SHANSHAN)」といふ。

上々颱風とはあまり関係ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/11

台中でお買いもの(2)

そんなわけで、僕らの新光三越・台中店にやってきた。

新光三越は、日本の三越と台湾の保険・金融グループである新光HDの合弁企業。正式な読み方は「シングァン・ミツコシ」だが、こっちの人は漢字は容赦なく中国語読みするから「シングァン・サンユェ」と言わないと通じない。

「サンユェ」の「ユ」は、口を「う」の形にして「い」と発音すると吉。

なんでここで日系デパートが出てくるのか? 日系→高い→たぶんおいしいという、非常に分かりやすいロジカルな判断によるものだ。文句ないよね!!

しかし、そんな筆者のすばらしく合理的な作戦はあっさりと崩壊した。デパ地下工事中だから。

何でもリニューアル中で、9/22に新装オープンだそうな。ついでに日本食も買いたかったのに…。

しかし落ち着け。台中は都会だからまだ打つ手がある。


次! 廣三SOGO台中店。台湾のゼネコン・廣三建設と日本のそごうの合弁。'00年のそごうグループ破綻で資本関係が無くなったため厳密には日系ではないけど、まあそんなことはどうでも良い

…生鮮品やってないYO!

※ 10何階か忘れたが、日持ちする菓子・ラーメン・調味料などの日本食含む輸入食材店はある。

フードコートで赤坂ラーメンを食べつつ、涙目になりながら地図を見ていると、近所にスーパー「いなげや」の支店があるではないか!


正式には「裕毛屋(ユーマオウー)」という。この「ユ」も例の「ユ」だゾ!

裕源という商社と「いなげや」の合弁。しかしここも'03年に資本関係を解消しているので、もう いなげやと呼ぶな! 忘れろ! な!

しかし、凄いネーミングセンスだ。裕源の裕といなげや(稻毛屋)の毛を合わせたんだよ? つまり、筆者が いなげやと合弁すると「お毛屋」になっちゃうんだよ? スゴくない?

全然スゴくないよね。

脱線しまくってたらタイムリミットが来ちゃったので、引っ張るほどの話題じゃないけど、続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台中でお買いもの(1)

なんかフルーツが食いてえなあ。

という強引な出だしで、ふらふらとホテルを出た筆者。さすがに台中は都会なので、24時間営業のスーパーが近所にあった。梨と紙皿と果物ナイフを購入。

Imgp5310

なにその刃渡り。おなか側から腎臓が狙えるYO!

Imgp5316

わざわざフルーツ用のフォークまで用意しているあたりが笑えます。笑うなYO!

で、食ってみたが、これがあまりうまくない。甘みも水分も足りない。安物だったので、まあ値段並みの味と言うべきか。

んじゃ、もっと高いヤツならおいしいんだろうか?

「彼処しかないな…」 最近芝居がかってきた筆者は一人つぶやいた。続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/10

恐怖! 回転する寿司

せっかく都会に出てきたので、都会らしい所に行くべきだな!


ホテルのロビーで「な~るほど・ザ・台湾」という、腰砕け的ネーミングの邦人向け台湾情報誌に久しぶりにお目にかかりました。

愛川欽也か!? 楠田枝里子なのか!? 日本語の通じるホテルによく置いてある。無料。

パラパラとめくると、「大漁まぐろ スーパー廻転寿司」という店発見。「地球の歩き方」や、地元本屋で買った台湾人向けガイドにも紹介記事が載ってます。有名店のようです。割と近かったので行くことにしました。

結構デカい。5, 60人、いや、もっと入ると思う。満員ではないが席は6割方埋まっています。店員達はたどたどしい日本語で「オーアイソ」とか「イラッサイマセー」などと言っています。

日本のイタ飯屋で、店員がカッコつけてイタリア語的な声かけしてる場面を見かけますが、きっとネイティブのイタリア人が見たら、今の筆者のように面はゆいよな微妙な気持ちになるに違いありません。ペスカトーレ、ヴォーノヴォーノ

店のシステムは日本でよくある色皿制で、$40(約150円)~$200(約750円)。って高けーな、おい!! $40のネタにロクなものがないのも日本と一緒です。メニューによると、$40の皿にはハム寿司の文字まで見えます。正気を疑います。うわ、ホントに第4コーナーを曲がって回ってきました。ハムが。

嘉義なら$40でちゃんと肉の入ったカレーライスが食えたので、筆者、軽いめまいを覚えます。地方っぽい金銭感覚が身についたな! と自覚する瞬間です。周りの台湾人が、みなセレブに見えます。

そんな筆者の動揺をよそに、店員が注文を取りに来ます。「握りは何にするか?」「酒は何か?」とあれこれ聞いてきます。なぜか英語で。あなたさっきまで「カジキマグロー」とか言ってたじゃないですか。

筆者、1年半以上の滞在で鍛えた語学力が炸裂する瞬間です。

「アイアム、シンキングタイム」

―ハイ消えた! (©愛川欽也)


まともなネタは$60辺りから。意外にも鮭が高い($80)。代わりにアンキモ軍艦が$60なので3皿も頼んでしまいました。日本酒によく合います。ヅケもネギトロも変化球・牛肉手巻きもうまい。高いけど。

ネタもコメも良い。お茶が玄米茶・ほうじ茶・緑茶の3種から選べる。高いけど。

在台邦人おすすめの店という触れ込みもウソではないなと思いました。高いけど。


【追記】 「大漁まぐろ」…屋号は日本語だが、日系ではなく台湾人経営とのこと。その割には寿司の再現度は大変高い。お世辞抜きで。高いけど。台中市内に2店舗を展開。


結局、軽い気持ちで行ったのにあっさりと$1,000の大台に乗り、なんだか震えが止まりません。都会は恐ろしかトコぶぁい。

ちなみに、台湾には1皿$30均一のチェーン店もあります。味は日本の100円寿司程度。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/09

引っ越した!!

仕事に一区切りつき、今度は台中(タイツォン)市に引っ越してきた。わー都会だよ高いビルいっぱい建ってるねママ。

ママ?

おさらいするぞ!! 台湾島は九州より少し小さい!! この面積に2,300万人がひしめき合っている!! ハッキリ言って人多い!! 落ち着かない!! 街中で誰もいないと思って鼻歌のボリュームあげるとランニング姿のオヤジと目が合う!! どっから沸いたんだと思いつつも笑って会釈!! 日台友好!!

台北を日本の東京にたとえると、高雄(ガオシュン)は大阪(2番目に大きいから)、台南(タイナン)は京都(古都だから)、台中は名古屋(3番目だから、あと、台湾の真ん中にあるから)と思ってもらっていい。

嘉義? そんな街は知らん!!!

Imgp5280
三越台中店名物・地べた噴水。辺り水浸し。ちゃんと排水すれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筆者の出身校で事故

身元が割れちゃうので引用とか全然出来ないんだけど、筆者の出身校、しかも所属していた部活で人命にかかわる事故発生。新聞沙汰。すげえショック。しかも微妙に不祥事

筆者が世話になった顧問の先生はさすがに定年退職してるが、(地理的・時期的条件から)被害者が筆者の部活メイトの子息である可能性もあり、戦々恐々としている昨今です。

【追記】 亡くなってしまいました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/09/08

「まんが日本昔ばなし」打ち切り

嫁さんに教えてもらって知ったのでずいぶん遅れたが、触れておかねばなるまい。

まんが日本昔話打ち切り 「やめないで」の声が毎日放送に殺到(J-CAST)
http://www.j-cast.com/2006/08/30002759.html

人気アニメ「まんが日本昔話」が2006年9月13日の放送をもって終了することが明らかになった。しかし、毎日放送の同番組の掲示板「おたよりコーナー」には「やめないで」の声が殺到している。

「まんが日本昔ばなし」だからJ-CAST。一応あんたニュースサイトでしょ。

ゴールデンタイムにこの番組じゃ荷が重いでしょー。 子供に見せるなら朝方でも良かったのにねえ。

でもね、筆者あんまり未練ないのね。

というのも、「傑作選」だと聞いていたのに、蓋を開けるとなんかワケ分かんない、どうでもいいような話が多かったから。「座敷わらし」の話なんかただの目撃レポートある意味稲川淳二

とどめに、スペシャル番組と称して「ごんぎつね」ぶつけてくるし。

権利の問題などもあろうが、セレクション担当者は懲役か献体が必要だ。

いくら何でも、「あっちの」桃太郎はやるだろうとは思ったが、やんないし

死ぬ前にもう一度「耳なし芳一」を見たかったが、9/13の最終回もなんだかフツーのラインナップでしょんぼり。

まあ、一年を総括するとひこねのりお特集だったなと。乱暴な総括ですか。

しかし、「キジも鳴かずば」に再び会えたことは幸福だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/05

日光行ってきた

日光いろは坂でガードレール突き破り車ごと“死のダイブ”(サンスポ)
http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200608/sha2006082801.html

転落現場は、第一いろは坂の最初のカーブで、8・5Rという急角度で右に曲がっている。この手前800メートルほどは一部にゆるいカーブがあるものの、ほぼ直線の下り。

正確な転落時刻は不明だが、通報があった26日夕方は雨で現場の路面は濡れていたうえ、濃霧で視界が15メートル程度しかなかったという。

現場の制限速度は40キロだが、長い下りで速度がかなり出てしまい、霧で視界が利かないままカーブに突入した可能性がある。「少々の速度超過ではガードレールを突き破って崖下まで行かない。かなり出ていたようだ」と同署はみる。

参考:第一いろは坂、一発目のヘアピン

おいおいいきなり死亡記事の引用かよ。

何の偶然か、この日(8/26)筆者らは中禅寺湖に上がってた。んで、嫁さんとスワンボートこいでたらガスってきた。

鳥居のあたり

こんな具合で。これで14時ちょっと前。

濃霧でいろは坂なのにスピード落とさない運転センスはどうかと思うけど、死んだ人を叩いてもしょうがないので、まだ生きている我々は安全運転で行きましょう。


実は前日に江戸村に行ってるんだけど、まだ夏休みでそこそこ客は入ってるが、いつもの寂れ具合ってことで。

あと、江戸村初参観の嫁さんは結構ハマってたことを付け加えておく。免疫が出来てないらしい

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/09/04

YouTube:北風小僧の寒太郎(1974年)

うわ、すげえ観たかったんだよこれ!!
http://www.youtube.com/watch?v=XVObaV7lgjU

後半、寒太郎が街に近づくにつれて、だんだん風景が写実的になってグッと来る。

リアルタイムで観てた頃、「高崎 250Km」とか「八幡パン」のあたりで勃起してたね。幼稚園児の分際で。

あの歩道橋にも、実在の地名が書いてあるはずなんだが思い出せぬ。

ファンタジックな題材に、リアルな舞台を合わせるのってすげえ好き。燃えるな。筆者だけか。

「みんなのうた」のために作られた楽曲は、契約の関係でオリジナル版をすぐ廃盤にしちゃうらしいんだけど、堺正章バージョンのCDを何とか発売できないものか。


これは自分用。

あと、YouTubeは負の部分について語られることが多くなったけど、「見られないものが見られる」のは視聴者にとってはメリット以外の何者でもないよな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「Yahoo! 台湾」を見ていたら

こんなコラが。

Sumo

本件の突っ込みどころ:

  1. 力士の肖像権が
  2. アヒルの画像が左右反対のままで
  3. 一応ポータルサイトなのに
  4. 座礁してね?

8月に大相撲台湾巡業があったので、「なんで相撲か」という突っ込みはしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »