« 【追記あり】台湾新幹線:(いろいろな意味で)ホットな10日間 | トップページ | 「黒い手帳」4年半ぶりの更新 »

2007/01/28

新橋にあって香港にないもの

今どき、Hongkong を「ホングコング」と読む人はいないと思いますが、「Honkon」と書いちゃダメなの? と思う人はいるかもしれません。

先に正解を書くと、書いちゃダメなのです。「-n」「-ng」は違う発音なのです。中国語には「ん」が2種類あり、ちゃんと区別してあげないと別の意味になってしまうのです。

※ 「Hongkong」はわかりやすい例としてあげたもので、実際には「-on」という母音は中国(北京)語にはありません。
※ ちなみに「ホンコン」は広東語での発音で、中国(北京)語では「Xiānggăng(シァンガン)」になります。

さてここで、実際にどう発音するかをすっ飛ばして、実は日本語には「ん」が3種類あるのをご存じですか?

「『ん』は『ん』だろ…常識的に考えて…」と思うでしょ? それでは、唇と舌の動きに注意しながら以下の単語を発音してください。

  1. あんない(案内/Annai)
  2. あんがい(案外/Angai)
  3. あんま(按摩/Amma)

「みんな同じだったよ」という人は帰っていいです。

前出の「Hongkong」は、「2.あんがい」を発音するときの「ん」で「ホンコン」という必要があります。

「3.あんま」の「ん」は中国語にはありません。すげえ、日本語勝った。

まあ、日本語の場合は、次の音節の子音に引っ張られてるだけで、意識して区別しているわけではありませんけどね。

ちなみに、筆者、「-n」「-ng」の聞き分けがほとんどできません。そんなオレ様にお勧めのソフトはこれ。

 言葉のまど - ピンインチェッカー
 http://k-mado.co.jp/pchk.html

※ 要中国語フォント(simsun.ttc…WinXP、 Office2000以降等に同梱。IEの簡体字中国語サポートでもOKのはず)


余談ですが、JR新橋駅のローマ字表示が、ちゃんと「Shimbashi」になってて感心しました。

|

« 【追記あり】台湾新幹線:(いろいろな意味で)ホットな10日間 | トップページ | 「黒い手帳」4年半ぶりの更新 »

たいわん。」カテゴリの記事

コメント

ありがとございます。-ng ってただの表記上の違いかと思ってました。今後は発音に気をつけようと思います。

投稿: よこやま | 2007/01/31 00:18

北京語のピンインでは「shēnzhèn」なので、"-n"で良いようです。

ピンインはいわゆる発音記号なので、表記がぶれることはあまりありません。しかし、単なるローマ字表記の場合、担当省庁によって異なったりします("Shenjhen"なんて表記もあります)。

ただこの場合も「-n」を「-ng」と表記してしまうケースはさすがにないようです。違う発音なので。

投稿: おれさま | 2007/01/29 21:47

勉強になります。
ちなみに深圳に仕事の同僚がいるんですが、英語表記だとShenzhenみたいです。"ng" じゃないんですね。
ちなみにこれって北京語の発音なのかな。

投稿: よこやま | 2007/01/29 03:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70893/13685859

この記事へのトラックバック一覧です: 新橋にあって香港にないもの:

« 【追記あり】台湾新幹線:(いろいろな意味で)ホットな10日間 | トップページ | 「黒い手帳」4年半ぶりの更新 »