« 無理矢理台湾新幹線を使ってみた | トップページ | まなびストレート!:DVD Vol.1、オリコンウィークリー初登場3位 »

2007/04/18

今さらながら、「午後のこ~だ」のベストセッティングを研究してみた

ホント、今さらなんですけどね。

筆者、手持ちのCDを片っ端から「午後のこ~だ」でmp3圧縮して、自宅サーバにライブラリを構築しています。進行状況は、総コレクションの半分ちょっとを超えたあたりで、まだまだ先は長いです(台湾駐在になっちゃいましたしねえ)。

ついでに、「あまり思い入れのないCDはデータ化して捨てちゃおう計画」を発動予定ですが、これはまた別の話。

先日、戯れに大陸の某検索サービスで、すでに持っている曲を落として聞き比べてみたわけです。そしたら何か、落としたヤツの方が音がいいじゃありませんか! ちなみに、落としたヤツは160KbpsのCBR(固定ビットレート)で、筆者のは32-256KbpsのVBR(可変ビットレート)ですが目標レートを128Kbpsに設定して圧縮したものです。

ちなみに、「午後のこ~だ」では、この画面で目標レートが設定できます。

午後のこ~だ:可変レート設定メニュー

たいていのエンコーダは、低いレートの時は自動的にローパスフィルタを働かせ、音のひずみを防ぐようです。そんな解析結果をいくつかWeb上で見た記憶があります(参考ページ)。ローパスフィルタは、高い周波数の音を削ってしまうので、どうしても音質は落ちます。

しかし筆者はVBRで圧縮したわけですよ? ヤバそうな所は一時的にレートを上げて、可能な限り高音質になるよう、エンコーダさんは頑張ってくれるものだ!

そんなふうに考えていた時期が、筆者にもありました。


VBR設定の時、ローパスフィルタは働いているか? スペクトラムアナライザ(周波数分布解析)の機能を持つソフトを使って調べてみました。今回使ったのはこれ。

efu's pageWaveSpectra for Windows

解析中の画面は以下のようになります(注:WAVしか解析できないので、いったんWAVファイルにデコードして食わせてます)。

WaveSpectra for Windows

だめータイトルに着目しちゃダメー

「上記の曲」の解析結果はこちら。

VBR 32-256Kbps, 目標レート160Kbps
Fa160k

VBR 32-256Kbps, 目標レート128Kbps
Fa128k

ナチュラルにローパスかけてるやん…orz

【追記】というわけで、残念ながらVBRの最大/最小ビットレートに関係なく、画一的にローパスをかけてしまっているようです。


「午後のこ~だ2」では、ローパスフィルタを明示的にOn/Offできたのですが、「午後のこ~だ3」は、目標レート次第でローパスフィルタのかかり方が自動的に変わるようです。

目標レートを変えて圧縮したデータをWaveSpectraで解析し、ローパスフィルタの上限周波数を調べました。「上限周波数」とは、これより高い周波数の音は記録されないことを示します。

目標レート

上限周波数

128Kbps

15,902Hz

135Kbps

17,291Hz

140Kbps

18,572Hz

145Kbps

20,402Hz

150Kbps

(とくに減衰なし)

160Kbps

(とくに減衰なし)

というわけで、目標レート150Kbps以上でローパスフィルタは無効になるようです。数曲試しましたが、ほぼ同じ傾向でした。

筆者、あらためて目標レート128Kbpsと150Kbpsで圧縮した曲を聞き比べてみました。128Kbpsの方は15KHzあたりでばっさり切られているとはいえ、特定の音が聞こえなくなるとかそういうことはありません。聞けない音というわけでも決してありません。

実際、これでライブラリを構築してきたわけですし。

しかし、目標レート150Kbpsの音と比べると、結構負けてます。150Kbpsの方は、空気感というか、音の広がりが確かに違う。これを聞いてしまうと、128Kbpsの方はこもった感じで聞き疲れしやすいかもしれません。

結論:ライブラリ構築やり直し。8GB・2,200曲。うひょ。

|

« 無理矢理台湾新幹線を使ってみた | トップページ | まなびストレート!:DVD Vol.1、オリコンウィークリー初登場3位 »

Tips/トリビア」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

> mp3なら、まあどのプレーヤでもとりあえず聞けますしね。

そですね。確かに安心感が違いますね。

> だめーそんな大きな声で言っちゃダメー

キャー!!

ちなみに私が flac を使ったのは、ソースコードがあるからかな。ソースコードも一緒に DVD に焼いておきました。10年くらいして flac 消え去っても、とりあえず復号だけはできそう。

投稿: よこやま | 2007/04/20 12:47

mp3なら、まあどのプレーヤでもとりあえず聞けますしね。

>レンタルで借りてきた CD は、フリーウェアの flac という可逆圧縮で保管してます。

だめーそんな大きな声で言っちゃダメー

筆者、アナログレコードのデジタル化を平行して行ってまして、そちらのWAVEファイルは Monkey's Audioでロスレス圧縮を行っています。レコードはかなり捨てました。

ちなみに Monkey's にした理由は、圧縮率がいいという噂を小耳に挟んだから。検証はしてません。

投稿: おれさま | 2007/04/20 05:57

2200曲はすごいですね。私は長いものには巻かれろとばかりに、もっぱら iTunes (MPEG-4 AAC) です。いちおう、160 kbps くらいに上げてますが、ちゃんと聞き比べたことないです。最近はハードディスクも安くなりつつあるので、Apple Lossless でもいいかな、と思うときもあります。
レンタルで借りてきた CD は、フリーウェアの flac という可逆圧縮で保管してます。あとでいつでも CD 音質に戻せますですよ。

投稿: よこやま | 2007/04/18 10:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70893/14751089

この記事へのトラックバック一覧です: 今さらながら、「午後のこ~だ」のベストセッティングを研究してみた:

« 無理矢理台湾新幹線を使ってみた | トップページ | まなびストレート!:DVD Vol.1、オリコンウィークリー初登場3位 »