« まなびストレート!:サウンドトラック第2弾詳報 | トップページ | 【訂正】楽譜作成ソフト「Finale」無料版の実力を探る! »

2007/04/29

「まなびストレート!」はどう英訳されているか(4)

記事解説:YouTubeで公開されている(いた)「まなびストレート!」英語字幕付き動画(ファンサブ)をテキスト代わりに、筆者の勉強がてら検証をしてみた!

【注意】

  • 実績と信頼の「Eclipse-gg」バージョンを採用。
  • 4話のネタバレを含みます。
  • ネタ元となるビデオは、触法の可能性が高いコンテンツのため、YouTubeの判断により削除されることがあります。
  • ツッコミ希望。

さて今回は、前半のヤマである めいのお話です。あの辺あの辺はどんな感じに訳されているのでしょうか? んじゃ、はっじめっるよ~!


第四話:プロモでゴーの巻/Episode 4: "Promo de GO!" Chapter
↑ 何か、出だしから投げた感じの訳…

まずは単語・短文から

  • 小学校 → elementary school
  • 学級委員選挙 → Class Representative Election
    representative = 代表者、代理人
  • 「環七でバイトや」 → Part-time Work at Kan-Nana
    ※ そんなことまで訳さんでええ
  • Rebasashi is a dish of raw calf liver. → 「Rebasashi とは、仔牛の生レバー料理である」 ※ 仔牛?
  • Fugusashi is a dish of raw Fugu fish.
    ※ フグは英語で pufferfish だが、Fuguでも通じる模様。英語版Wikipedia にも pufferfish とは別に、日本文化とフグの関わりを中心とした Fugu の項目がある。
  • The emergency help number in Japan is 110.
    ※ 惜しい。実に惜しい。
  • 「お役ご免だね」 → That was a short stint for you.
    stint = 割り振られた仕事、一定期間の任務 「短い仕事でしたね」
  • 「知った口を利かないでよ!」 → "Don't talk as if you understand me!"
    as if ~ = ~したかのように 「私を理解したように話すな」
  • 「生徒総会で恥をかけばいい」 → "Embarrass yourselves at the General Assembly."
    embarrass = (他動詞のみ)恥をかかせる

1.

めい と むっちー は幼なじみで、地元の同じ小学校の出身。ここで、もともと人付き合いの得意でなかった めいが、心を頑(かたく)なにしてしまう決定的な出来事が起きる。

クラスでは学級委員選挙が行われている。

先生「あらあら…、困ったわね。立候補は誰もいないの? 推薦でもいいのよ」
Teacher: "My, my.... This is troubling. No one wants to run? You may nominate someone else."

  • 「あらあら…」→ "My, my..."
    ※驚いたりうれしいときに間投詞として使う
  • troubling = (形容詞)困難な、悩ましい
  • run = 出馬する、立候補する
  • nominate = ノミネート、推薦・推挙
    「誰か他の人を推薦しても良い」

女生徒A「衛藤(めい)さんがいいと思います」
Schoolgirl #1: "I recommend Etoh-san."

  • recommend = 推薦する、推奨する

クラス全員一致で めいが学級委員となる。

めい(モノローグ)「『もしかして私って、頼りにされてる?』 …なんて思ってた。やりがいを感じていたかも…」
Mei(Monologue): "Could it be that I'm being relied upon? ...or so I thought... I might've felt it was something worthwhile to do."

  • it could be ~ = ~かもしれない
  • rely (up)on ~ = ~を頼りにする
    「私が頼りにされているということは本当だろうか?」
  • or so I thought → or I thought so
    so は I'm being relied upon を指すと思われるので、前節の推測っぽい感想を反語的に補強していると考える。
    「私は本当に頼りにされているのだろうか。いや、きっと頼りにされてるんだ
  • might = 「~かもしれない」。may は 許可、might は推量
  • worthwhile = 価値のある、やりがいのある
    「私は、何かやりがいを感じていたかもしれない」

めい「ちょっと、あなたたち! マジメに掃除やりなさいよ!」
Mei: "Hey you guys! Clean up properly!"

  • properly = 正確に、マジメに

男生徒A「委員長なんだからお前やれよ!」
Schoolboy #1: "Hey, you are the class rep! You do it!"

  • rep = representative の略

めい「あんた達当番でしょ!?」
Mei: "You guys are on duty today, right?"

  • on duty = 当番。off duty なら非番
男生徒A「あーめんどくせ~!」
Schoolboy #1: "This ain't worth the trouble!"
  • worth the trouble = (面倒をかぶる/トラブルに見合う)価値がある
  • ain't = (略式)am not, is not, are not の略
    「これは、面倒に見合う価値がありません」→「めんどくさいです」

女生徒A「男子がサボってるのに女子だけやるのバカじゃん」
Schoolgirl #1: "It's stupid for us to clean up by ourselves now that the boys all ditched."

  • now (that) ~ = (接続詞)~である以上、もう~だから
  • ditch = (俗語)サボる(skip, neglect)
    「男子がみんなサボった以上、掃除することは私たちにとってバカらしい」

女生徒B「委員長がやればいいと思いま~す」
Schoolgirl #2: "I think you can do that, Class Rep!"

女生徒A「そーだよね~、クラスのために働くのが委員長の仕事だもんね~」
Schoolgirl #1: "You're right. It's the class rep's job to work for the class."

めい「勝手なこと言わないでよ! みんなの教室だからみんなで掃除するのが当然でしょ!!」
Mei: "That's too much! This is everyone's classroom! It only makes sense that everyone helps clean up!"

  • "That's too much!" = あんまりだ!、ひどいよ!
  • make sense = 道理にかなう、賢明だ
  • "It only makes sense that ~" = ~することは道理しか生まない → ~することは(妥当である/当然だ)

女生徒A「―――衛藤さんって、仕切りたがりでウザい」
Schoolgirl #1: "Etoh-san is such a proper and annoying girl."

  • proper = 正確、マジメ
    ※ 程度を強調する言葉(この場合 such)を付け、皮肉的に「お堅い」「融通が利かない」

  • annoying = (形容詞)うっとうしい、うるさい

頼りにされたのではなく、面倒を押しつけられただけ。あげくにクラスから孤立していることに気づく めい。むしろ、孤立していたからこそ「学級委員」なんて役が回ってきたのかも。

むっちーが教室に来る。めいが一人残っているのを見て、何も言わずにめいを手伝う。


2.

まなび以下、いつもの面々。学園祭のコンセプトについて、全校生徒から広く意見を募るために、生徒達の興味を引くプロモを制作することに。めいが3DCGを作れると聞いて大喜びの まなび。頼られるのにまんざらでもない めい。まなびの「超演出」のもと、たちまちプロモの骨格はできあがった。

行きつけのラーメン屋で めいを称えるまなび達。照れくさそうな めいだったが、「生徒会向きだね」「私たちなんてお役ご免だね」と聞くと顔色が変わり、店を飛び出す。驚いて後を追おうとする まなびを止める むっちー。

まなび「…そっか、そんなことが…。でもそれって、小学校の時の話だよね?」
Manabi: "I see. Something like this happend. But that was back in elementary school, right?"

  • back = 以前に、昔にさかのぼって

むっちー「まあ…そんだけ めいにとってはショックだったんだろ。あの時と同じことになると思ったんじゃないかな」
Mu-chi: "Well, that just means how traumatic it was for Mei. I think she might've thought things will end up like back then."

  • just = まさに、とても ※イギリス英語
  • traumatic = 大変不快な、トラウマ的な
  • "how traumatic it was" = それはいかにトラウマ的だったか
  • end up = 成り果てる
  • "things will end up like back then" = 物事が、過去のあの時のように成り果てるだろう

みかん「…だから めいちゃん、今まで誰とも…」
Mikan: "So that's why Mei-chan hasn't been close to anyone."

  • that is why ~ = それが~の理由だ
  • close = 近い、親密な
    「だからそれが、めいちゃんが誰とも仲良くなっていない理由だ」

まなび「私の一言が、それに触れちゃったのか…」
Manabi: "My one careless comment opened up her trauma?"

みかんも的確にトラウマえぐってると思う。


3.

その日を境に学校に来なくなる めい。まなび達は めいの残した機材で続きに着手するも、扱いが分からず四苦八苦。プロモ発表日である生徒総会が近づく。

みかん「やっぱり めいちゃんがいないと、何が何だか…」
Mikan: "I knew that we wouldn't be able to do anything without Mei-chan."

  • be able to = can
  • would = (will の仮定的意味)~だろう
    「私たちが、めいちゃんなしでは何もできないだろうということを、私は分かった」

むっちー「簡単にウチらができそうなレベルにしようぜ…」
Mu-chi: "Let's make it something easy that we can do."

まなび「やだ!」
Manabi: "No!"

むっちー「いやそんな食い気味で否定せんでも…」
Mu-chi: "You didn't have to refuse like you wanted to eat me."

  • not have to ~ = ~する必要はない
  • refuse = 拒否する、辞退する
    「私に食いつかんばかりに否定する必要はない」
    ※ まあこれでもいいけど。この場合の「食う」とは演劇用語で、前のセリフの終わりを待たずに話すこと。なので、You didn't have to refuse so fast quickly.(そんな早く否定しないで)で十分。

まなび「めいちゃんは、私たちが体よく押しつけようとした…って思っちゃったんだもん。『私たちはそうじゃないんだよ』って分かってもらえるためにも、決めたとおりにしなきゃ」
Manabi: "Mei-chan felt that we just pushed her to do everything. So we need to prove to her that 'we're not like that' and finish up what we decided upon."

  • push = 強いる、強制する
    「めいちゃんは、私たちがすべてをするよう強制したと感じた」
  • prove = 証明する
  • We need to (prove to her...|finish up...)
    「私たちは、(彼女に『私たちはそうでない』ことを証明する|私たちが決定したことを完遂する)必要がある」
    ※ 何か変。We need to finish up ... to prove that "we're not..." の方がよくね?

4.

「私はもう関係ない。生徒総会で恥をかけばいい」。めいは、総会前日になっても部屋にこもったまま。その夜、何気に部屋のノートパソコンから生徒会室のPCに遠隔ログオンすると、深夜にもかかわらずまなび達が作業を続けている。激しく動揺する めい。

めいが見ているとも知らず、むっちーは まなびに問う。「めいにこだわる理由って、やっぱ生徒会に欲しいから?」「…違うと思う」

まなび「私、思うんだ。なんで めいちゃんは学校に通ってるんだろうって。だって、めいちゃん何でもできるじゃん。今は別に、学校に来なくても大学に行ける方法なんていくらでもあるし」
Manabi: "I always ask why is Mei-chan attending school? Mei-chan is good at everything she does. Nowadays, there are many ways for people to make a living even if they drop out of school."

  • ask = ~だろうと考える(expect)
  • attend = 出席する、参列する
  • be good at ~ = ~が得意だ
  • nowadays = 現代、近頃
  • 「最近は、学校を辞めても食っていく方法はいくらでもある」
    ※ 超意訳デター!! 訳者が「まなび」の背景を知らない。「高校要らなくない?」って未来世界だかんね。→There are many ways for us to enter university without study at high school.

まなび「私、めいちゃんは何かを見つけるために学校に通ってるんだと思う」
Manabi: "So, I think Mei-chan is attending school in search of something."

  • in search of ~ = ~を捜して

まなび「私は、めいちゃんと友達になりたい。一緒にご飯食べて、一緒に勉強して、一緒に遊んで、一緒に悩んで、同じ時間を過ごしたい」
Manabi: "I want to become friends with Mei-chan. I want to eat lunch with her, to study with her, to have fun with her, to have worries together, to spend time together."

  • worry = (名詞)心配事、悩み
  • spend = 消費する、過ごす

まなび「3年間というかけがえのない時間を、めいちゃんと一緒に!」
Manabi: "I want to spend these precious three years with Mei-chan!"

  • precious = 貴重な、大切な

まなび「それで、いつか聞けたらいいな。『探していたものは見つかった?』…って」
Manabi: "Then someday I can ask her 'Have you found what you were looking for?' "

  • can = (この場合は申し出)「いつか彼女にたずねましょう」
  • look for ~ = ~を探す

まなび「そのときに聞かせてもらえるようにするんだ。めいちゃんと友達になって」
Manabi: "I want to be able to hear her answer by becoming Mei-chan's friend."

あまりに純粋な まなびの思いに打たれ、泣き崩れる めい。

めい(モノローグ)「私は、私の求めているものを見つけた。…いえ、もう見つかってたんだ…」
Mei(Monologue): "I have found what I've been looking for. No, I'd found it already."

  • I'd = I had
  • I have found → 見つけた
  • I had found → 見つけていた
朝。まなび達は寝コケていたことに気づき青くなるが、なぜかプロモは完成していた。めいが遠隔操作で仕上げたのだった。

5.

みかん「こうして、生徒総会は無事大成功。そしてもう一つ、うれしいお知らせが…」
Mikan(Narration): "And thus, the General Assembly ended successfully. And there was one more bit of good news..."

  • thus = このように、よって
  • general assembly = 全体集会
  • a bit of ~ = ちょっとした、一つの

みかん、まなびに続く3人目の生徒会メンバーが決まった。


「おいおい、1クールしかないのに主役退場!?」 真夜中の学校で驚きの展開が…!! まて次回!!

|

« まなびストレート!:サウンドトラック第2弾詳報 | トップページ | 【訂正】楽譜作成ソフト「Finale」無料版の実力を探る! »

アニメ:まなびストレート!」カテゴリの記事

コメント

謝礼は要らんので、借りて観たりしてくれると、記事を作成した甲斐があるというものです。ほれ、ほれ。

投稿: おれさま | 2007/05/19 11:49

すごいボリュームですね。思わず途中から斜め読みしてしまいました。
「rep」というのは勉強になりました。職場でみんなレップ、レップって言っているの、今まで意味分からんかった。

投稿: よこやま | 2007/05/01 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70893/14858520

この記事へのトラックバック一覧です: 「まなびストレート!」はどう英訳されているか(4):

» as if 仮定法過去とas if 仮定法過去完了 [中学高校で学ぶ英語の文法書]
as if 仮定法過去とas if 仮定法過去完了について解説します。as if 仮定法過去で「まるで~であるかのように」という意味を表します。通常、仮定法過去は現在の事実や願望を表す時に用いますが、as if 仮定法過去は使い方が異なるので注意が必要です。a...... [続きを読む]

受信: 2007/05/01 10:20

» スポーツエナメルバッグ全集 [まなび ストレート:がくえんゆーとぴあ まなびストレート!]
時は2035年。少子化が進み、価値観の多様化もさらに進んで、高校に進学せずに働きに出ることがカッコイイとされるような時代となり [続きを読む]

受信: 2007/05/06 16:08

« まなびストレート!:サウンドトラック第2弾詳報 | トップページ | 【訂正】楽譜作成ソフト「Finale」無料版の実力を探る! »