« まなびストレート!:まなびさんマンガ番外編 | トップページ | 【訂正】北京語の「n」と「ng」があっさり区別できる話 »

2007/05/24

檳榔(ビンロウ)は何で赤いのか!?

檳榔についてはとりあえずここ参照。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AA%B3%E6%A6%94

台湾のあちこちで普通に売られている檳榔。街中ではこのような屋台で売られることが多いですが、ロードサイドでは、ガラス張りの変な小屋の中でなぜか薄着のお姉さんが売ってます。

タバコと同じく、合法ドラッグの一種です。ニコチンとほぼ同じ効果(ハイになる)があり、常習性もあります。

使用方法は噛みタバコと同じです。噛んでると口に唾液がたまってくるので、飲まずに吐き出します。不思議なことに、どこにも赤系な物質は使われていないのに、吐いた唾液は血のように真っ赤になっています。

台湾では街中至る所にこの吐き跡があり、初めて来た人は血痕と勘違いしてビビります。一応、ガムや檳榔の噛み捨てには罰金刑がありますが、バイクの赤信号無視や4ケツを華麗にスルーする警察が、そんな細かいことを気にするはずがありません。

 

筆者も、ものは経験で何度か食っては見ましたが、とてもマズいです。檳榔椰子の実自体は繊維質が多いので噛むとボリボリっと堅く、青臭く、渋いです。これらをごまかすために、キンマというコショウの仲間の葉や実を巻いたり挟んだりします(さらに添加物として石灰を付けたりします)。コショウの仲間だけあり、辛味と強い香りがします。

ドラッグ的な成分は、主に椰子の実の方にあるので頑張って咀嚼しなさい。効果には個人差があります。筆者の場合、軽いめまいのような感覚は来ますが、それだけです。全然ハイになりません。使えません。

画像の檳榔は、葉っぱ巻タイプです。大粒8個50元(約190円)でしたが、製品にはバリエーションがあり、地域や店によっても値段は大きく変わるのであくまで参考程度に。

最近の健康志向や「オヤジや不良の食い物」というイメージが強いため、少しずつ消費量は減っているそうです。


さて本題。先ほど、唾液が赤いよなぜWhy? という話をしましたが、何と反応しているのでしょうか? 椰子か葉っぱか石灰か唾液か? 実験してみました。最悪の場合、筆者の唾液画像とか出てくるかもよ?

 
まずは、檳榔椰子を包んでいたキンマの葉っぱだけを潰してみます。用いたのは唾液の代わりに水です。


普通の緑の液体です。時間をおいても変色しません。

 
続いて椰子の実ですが、堅い。とにかく堅い。手で割って、内側をこそぎ落とすように潰します。


こちらはほとんど無色。

 
それではエキス的な何かを混ぜていきます。フラッシュ近場で焚きすぎ。すまんげ。


おや、キンマの緑色が…。


あっさり犯人判明。

【追記】念のためこれに唾液を加えてみましたが(汚ねえので画像はありません)、特に変化はなく、あまり重要な要素ではないようです。


【まとめ】

  • 赤くなるのはキンマエキスと檳榔椰子エキスのケミカルな反応。
  • 140km/hとか出すんで、タクシーの運ちゃんは檳榔禁止希望。
  • 健康のため、噛みすぎに注意しましょう。
  • いつもながら、オチが弱い。ほっとけ。

|

« まなびストレート!:まなびさんマンガ番外編 | トップページ | 【訂正】北京語の「n」と「ng」があっさり区別できる話 »

たいわん。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70893/15181172

この記事へのトラックバック一覧です: 檳榔(ビンロウ)は何で赤いのか!?:

« まなびストレート!:まなびさんマンガ番外編 | トップページ | 【訂正】北京語の「n」と「ng」があっさり区別できる話 »