« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/27

【追記】まなびストレート!:小ネタ総ざらい

※重要なデータを忘れてたので追記しました。

今日は疲れたのでちっちゃく行くよ~。


1.オンリーイベント「まっすぐGO!」

「まなびストレート!」オンリーの同人誌即売会が、9/2に都立産業貿易センター(浜松町館)3階第一展示場にて開催予定。募集サークル(スペース)数は100。現在参加サークル申し込み受付中。

え? なにこれ? 筆者呼ばれてるの!?(←呼んでねえ)

ところで、コスプレ(女子限定)!! コスプレはないのか!? ああん?

ていうか、100スペースも埋まるの? とか言うの禁止。

「まっすぐGO!」公式サイト
http://ueno.cool.ne.jp/yana-inamoto/m-go/


2.苦渋の決断

私事ですが、高瀬ポン太主催のサークルが発行するまなび本に参加させてもらうことになりました。本は夏コミ発行予定ですが、コピー本? プリンタ本? でかなり少部数と思われます。コミケが終わったら、頃合いを見て筆者担当分は当Blogで公開予定。

21世紀になって初めての参加なんで気合い入れちゃったら、〆切1ヶ月前に24ページ分のシナリオができて俺死ねよ! といいつつボツ。次のシナリオも10ページを切れずこれもボツ。

現実的な路線として、Blog用に今描いてた第3弾(4ページ)を回すこととす。

重度の遅筆なので、これでも間に合うか怪しいんだけどね! ごめんなさい関係者の皆様必死に頑張りますはい。

サークル参加情報は当Blog左上のリンクをたどって下さい。なお、おとまかす は当日会場にはいないと思います。今こんななので。


3.厳しい現実

某巨大掲示板で、オリコンの週間アニメDVD売り上げ枚数とされるデータが掲載されている。

  1. STRAIGHT1(第1巻)限定版:2,899
  2. STRAIGHT2(第2巻)限定版:2,539
  3. STRAIGHT3(第3巻)限定版:2,331

※注:数字は発売第1週のオリコン調査参加店の売り上げ(とされる)データ。あくまで参考に。また、全国津々浦々でこれしか売れていないわけではない。

大変だよ! むっちー効果で着実に売り上げダウンしてるよ! 次のジャケ写は めいたんらしいから、ここは中の人効果を狙って、

「らき☆すた」のアレと同じ人主演で話題沸騰!!

とか書けばいいんじゃないかな。今度はJAROに訴えられそうだけど。

ついでに、CD関係の売り上げデータも突きつけちゃうね☆

【追記】おーっと! 林原御大を忘れてたYo! 完璧スッキリなかったことにしちゃってた。メンゴメンゴ。

  • A Happy Life(シングル)/ランクイン:8週/最高:12位

でもこれ、まなび人気で売れたワケじゃないよね、たぶん…。

  • 学園祭(シングル)/ランクイン:3週/最高:65位
  • サントラ1(アルバム)/ランクイン:1週/最高:249位
  • サントラ2(アルバム)/ランクイン:1週/最高:220位
  • ミニアルバム学美(アルバム)/ランクイン:1週/最高:165位
  • ミニアルバム光香(アルバム)/ランクイン:1週/最高:193位

以上。

えええーっ!? 以上て!? その他3人は!?

※データの出所はオリコンWebサイトから(筆者調べ)。あくまで相対順位なので、参考程度に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/24

腰砕け菓子図鑑 in 台湾(2) ~オレンジ色の憎いヤツ

関連ネタのご紹介:
腰砕け菓子図鑑 in 台湾(1)
JAROを、JAROを呼べ!
変なもんグランプリ in 台湾(前編) ※本家Webサイト
変なもんグランプリ in 台湾(後編) ※本家Webサイト


キラーン☆
やあ、オレだよ。え? 分からない?


このくらいカメラが引くと、分かってもらえるよな?


足がやたらに多いけど、台湾新幹線のオレだ。


いきなり出産!!
分かってたとは思うけど、オレは高鐵サブレだ。


これが中

    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ


これが中身だ。あっさりした甘味でウマいぞ。
台灣高鐵駅内のセブンイレブン限定で120元だ。
みんな、遠慮しないで買ってくれよな☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/21

「LAME」と「午後のこ~だ」のクセを見切ってみた(後編)

前回のエントリはこちら:
「LAME」と「午後のこ~だ」のクセを見切ってみた(前編)

今回の実験で使用した、各エンコーダの設定は以下のとおりです。その他、高音質を謳ったオプションにはチェックを入れています。

設定項目

LAME

午後のこ~だ

圧縮モード

VBR(可変)

最低/最高ビットレート
(Kbps)

32/320

ステレオモード

ジョイントステレオ

共包絡ステレオ

エンコード速度

0:高音質

高音質/非常に遅い

ところで各エンコーダには、「1秒平均でどのくらいビットを割り当てるか」を設定できる項目があります。「LAME」では「ビットレート音質」、「こ~だ」では「VBRクオリティ」と呼ばれています。


「LAME(LIFE)」はここ。ただし、平均ビットレートは事前には分からない


「こ~だ」はここ。「ターゲットレート」で大体の目安が示される

この項目を変えながら圧縮を行った結果が以下の表です。

LAME

0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

平均
Kbps

241

228

202

159

147

130

119

111

95

79

サイズ
MB

7.8

7.3

6.5

5.1

4.8

4.2

3.9

3.6

3.1

2.6

 

こ~だ

0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

平均
Kbps

204

197

194

187

171

147

117

110

107

92

サイズMB

6.6

6.3

6.3

6.0

5.5

4.7

3.8

3.6

3.5

3.0

「LAME」に比べると「こ~だ」の変化幅が狭い以外に、とくに不審な点はありません。また、平均ビットレートとファイルサイズは比例するので、これもどうということはないでしょう。

強いて言うなら、「こ~だ」のターゲットレート表示はあてにならない事が分かります。(設定1のとき、160Kbpsとか表示されていた気が…)。

それではこの中から、ほぼ同じ平均ビットレートとなった、「設定2のときのLAME」と「設定0のときのこ~だ」の周波数分布を解析してみましょう。


LAME: VBR(Avg.202Kbps)…設定2

GOGO: VBR(Avg.204Kbps)…設定0

赤いラインは無圧縮の場合の分布です。「LAME」は19,000Hzあたりでローパスフィルタがかかっています。対して、「こ~だ」は大きな違いがありません。

「こ~だ」のローパスは、設定3から有効になることを以下のエントリーで確認しています。
http://ott-mercus.cocolog-nifty.com/kisama/2007/04/post_8eda.html

それでは、設定0(最高音質)の「LAME」はどうでしょうか?

LAME: VBR(Avg.241Kbps)…設定0

リミットが変わるだけで、ローパスフィルタそのものは無効にならないようです。では、おそらく設定上の最高音質と思われる、CBR(固定ビットレート)320Kbpsではどうでしょうか?

LAME: CBR(320Kbps)

傾向が変わりません。また、ほんの少しですが高音が強調される傾向があります。

【参考】GOGO: CBR(320Kbps)


高い周波数の音を圧縮するには大きな情報量が必要になります。しかし、十分なビットレートが割り当てられないとひずみとなって聴感を損ねます。そこで、ローパスフィルタを駆動して、前処理で高い周波数の音をカットし、これを防ぎます。

さて結論です。2つのエンコーダのもっとも大きな「クセ」の違いは、このローパスフィルタのさじ加減と言えるでしょう(エントリーの最後に、他の設定での比較を掲載したので参照して下さい)。

とはいえ「『こ~だ』は『LAME』より高音質じゃねえの!?」とは簡単に言えないのが難しいところです。

この周波数分布グラフは、あくまで各周波数帯の最大値を示すもので、傾向は分かりますが音質を示すものではありません。

「こ~だ」は確かに原音と似た傾向を示しますが、高音を無理して詰め込んでいるかもしれない。結果、どこかでひずんでしまっているかもしれない。

「LAME」は高音部分の記録は早々にあきらめてしまっていますが、その分、人の耳が感知しやすい低~中音に情報量を割り振っているかもしれない。

  • 現実路線の「LAME」
  • 理想主義の「午後のこ~だ」

というイメージでしょうか。

音質の善し悪しを決めるのは最終的には「聞く人」です。実際にお気に入りの曲を2つのエンコーダで圧縮して、耳に合う方を選んでも良いでしょう(正直なところ、違いが分からないかもしれませんが…)。その際、このエントリーが参考になれば幸いです。


LAME: VBR(Avg.95Kbps)…設定8

GOGO: VBR(Avg.92Kbps)…設定9

LAME: VBR(Avg.111Kbps)…設定7

GOGO: VBR(Avg.110Kbps)…設定7

LAME: VBR(Avg.147Kbps)…設定4

GOGO: VBR(Avg.147Kbps)…設定5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/20

ComicStudio次期バージョン、クローズドベータテスト終了

5月中旬より正規ユーザ200名を対象に行われていた、「ComicStudio(コミックスタジオ、コミスタ)」次期バージョンのベータテストが6/18に終了した。セルシスでは、(ベータテスト参加・不参加にかかわらず)引き続き意見・要望を受け付けるとしている。

筆者も頑張って、要望とバグを16項目提出したヨ!

守秘義務があるから詳しく言えないけど、Ver.3のインタフェースは恐ろしく洗練されていたなあ、と。

あと、次期バージョンを気持ちよく使うには、ワイドな表示装置を用意した方が良いかもしれない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/06/17

まなびストレート!:発育は健全です

ちょっと前、ふたばにこのきっついファンアートが貼られてて、誰が描いたんだろうと気にはなっていた。

さっき、アメリカの「らき☆すた」画像掲示板を見たら同じ人の別の絵が貼られており、URLが記入されてて解決。この絵の作者、Fei氏は香港の人でした。

んで、ギャラリーを漁ってみると確かにこの絵があり、解説に「発育健全版」ですよと書いてあった。つまりネタ絵だよと。な~んだ、わざとか。

「3個平野綾?」
「衛藤芽生22歳?」

ホントか? ホントにネタ絵なのか?

MAIDOLL: Fei's homepage
http://leofa-studio.net/maidoll/main.html

つーか、この人のブログに載ってるんだけど、文化祭でメイド喫茶を出店する「現視研」という名のサークルがある香港の大学って終わり過ぎてね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/16

台湾新幹線の切符は券売機で軽やかに買え!!

まもなく開業半年となる台湾新幹線ですが、平日で約3.3万人、休日で約4.3万人前後の利用客がおり、まずまずの出だしのようです。

さて、皆さんの中には既に来台して新幹線にも乗ったヨ! という方もボチボチいるのではと思いますが、切符はすんなり買えましたか?

駅に行くと、窓口と券売機のどちらかで切符を買うことになりますが、窓口だとやはり混むことが多いし、言葉が心配

※ちなみに、窓口係員はほとんど英語Ok。たまに日本語Okの人もいるが、期待しないこと。紙に書いて見せるのが実は一番確実。筆者、在来線ではよくやる

そんなときおすすめなのが券売機。窓口同様現金もカードも使えます。また、操作手順がややこしいのでいつも空いている(これはメリットなのか?)。そんな券売機の使い方を今日は特別にレクチャー。華麗に軽やかに切符を購入し、同行者に台湾通っぷりをさりげに披露したりしよう!

購入前の注意:6月からの新規定により、切符の販売は発車5分前に締め切られます。また、発車2分前に改札を通れなくなります。これは、駆け込み事故が続発した事に伴う安全措置です。駅には余裕を持って出かけましょう。


まずは券売機の外観をご紹介。どん。

①を見て、カードを使いたい人は「信用卡」現金の人は「現金」の表示のある券売機を使用して下さい。また、カードは今のところ VISA か MASTER の提携カードのみです。JCB や AMEX は対応していません。ちなみに「金融卡」はデビットカードのことですが、日本のモノは当然使えません。

②…カードの人はここにカードを入れたり、暗証番号を入力します。

③…現金の人はここから投入します。幻の200元、2000元札も使えます。

④…ほとんどの操作はここから行います。なんかタッチしたとこから豪快にずれてボタンが押されるけど気にしない

⑤…忘れ物注意。


1.この画面が出ていたら、適当にタッチして予約開始。

2.「對號座(指定席)」をタッチ。台湾新幹線は今のところ全席指定席なので、「非對號座(自由席)」はありません。ならなぜ選べる!? ちなみに「到站取票」は電話予約者向け。「月台票」は入場券ですが、今のところ販売されていません。

3.片道の人は「單程票」、往復の人は「去回票」をタッチ。

4.降車駅をタッチして、右下の「確認」をタッチ。「變更起程站」を押すと乗車駅を変更することもできます。

5.大人と子供の乗車人数をタッチして入力します。デフォルトで大人=1、子供=0にセットされています。入力したら「確認」をタッチ。

※子供だけの乗車はできないようですね。

6.乗車日を入力します。1ヶ月先まで予約できます。デフォルトで今日の日付にセットされています。入力したら「確認」をタッチ。

7.乗車したい時間帯を入力します。デフォルトで現在時刻がセットされています。入力したら「確認」をタッチ。

8.6.と7.で入力した日付・時間帯で、乗車可能な列車が表示されます。「商務車廂」はファーストクラス(グリーン車)、「標準車廂」が普通車となります。お好みでタッチ。

※往復切符を選択した人は4.に戻ります。

9.予約内容が表示されます。問題なければ「確認」をタッチ。

10.支払い手段をタッチして選択します。ここでは、カード(信用卡)を利用した場合を説明します。

11.「カードを挿入して、暗証番号を入力して下さい」と表示されます。

12.操作がいきなり②のところに移るけど泣かない。ここでも金額と「カードを挿入して下さい」と表示されています。

13.カードを挿入します。ちなみに筆者は MASTER 提携カード。

14.「取引終了後は取り消せません(輸入ENTER/取消CANCEL)」と表示されるので…↓

15.まず②のテンキーから「輸入(ENTER)」だけを押す。ここがポイント。いきなり暗証番号を入力しないようにご注意。番号を入力してしまうとカードが突っ返されます。

16.そして暗証番号入力。4桁入力して「輸入(ENTER)」。取引完了後、カードが②のスロットから排出されるので忘れずに受け取って下さい。

17.取引に成功すると、この画面になります。「レシートは必要ですか?」と聞かれるので、欲しければ「是」をタッチ。

18.わーい。⑤からレシートと切符を忘れずに回収します。現金の人はお釣りが出ます。

現金の方へ注意お釣りはコインのみで出るので、1000元や2000元札で安い切符を買うと……。ちなみにこの券売機、「スロットマシーン」というあだ名が付いてます…。

分かりましたか? ちょっと手数が多いような気がしますが、1回体験すればどうということはありません。あと、昔のバージョンは中国語/英語が切り替えられたような気が…。


【オマケ】切符まめちしき

こちらが切符表面。全席指定なので決められた号車、席に座ります。アルファベットは日本の新幹線と同じで、A~Cが3列、DとEが2列シートになります。

こちらは裏面。前も書きましたが、改札機にはこちらを上にして通します。謎仕様。

改札機の例。扇形の小洒落たシャッターが特徴です。

先ほど書いたとおり、切符は黒帯のある面を上にして挿入します。ちなみに「感應區」とは非接触型ICカードセンサーで、まだ使われていません。

ここが日本と違う点ですが、取り出し口から切符を引き抜いて初めてシャッターが開きます。これは、在来線や捷運(新交通)と同じ作法です。日本と同じ感覚でさっさと通ろうとするとハマります。

出札するときも同様に、改札機に切符を通し、取り出し口から引き抜くとシャッターが開きます。

また、全体的に動作が緩慢なので、落ち着いてゆっくりと扱って下さい。


【もいっちょオマケ】

1.予約システムがかなりシンプルな仕組みらしく、とりあえず前の車両からどんどん詰めていくため、大抵1号車2号車あたりはほぼ満席で、12号車はガラガラ。

2.一応、車内放送では「携帯はデッキで…」と言ってはいるが、みんな座席でガシガシかけまくっている。ちなみに座席テーブルには「携帯は小さい声でしゃべってね」と書かれてはいるが(以下略)。

3.エスカレータの速度がやや速い。台灣高鐵では、大きな荷物を持った人、子供・お年寄り・障碍のある人はエレベータを使うよう呼びかけている。実際、今も2~3日に一回のペースでエスカレータでけが人が出ている。人食いエスカレータ。

4.車内放送は、北京語・台湾語・客家語・英語の順。とりあえず3つの中国語の違いを味わうのが通。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/06/14

【追記】今週もっとも売れたアニメDVDは…

【06.15追記】

取材時は変なデータが表示されてたっぽい。これはこれで貴重なスクリーンショットなのでこのままにしておく。

ちなみに、「がくえんゆーとぴあ まなびストレート!STRAIGHT 3 期間限定版」は初登場9位でした。同日発売のサクラ大戦より売れてません。

むっちーブレーキ説。

DVDアニメ 週間ランキングORICON STYLE-ランキング
http://www.oricon.co.jp/rank/da/w/
 (リンク先は随時更新されます)

Oricon_anime_w_070618

トトロ。

おい6年前。

金曜ロードショーとかで放映してないよね? ブーストがかかる理由が分からない。

ちなみに、ギアスは3週目なので、そんなに悲観せずとも良い

あれ、ぼくらの「まなびストレート! Vol.3」がないよ!? むっちーがパケ写だから???

※たぶん来週付です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/13

「LAME」と「午後のこ~だ」のクセを見切ってみた(前編)

愛と感動の後編はこちら
http://ott-mercus.cocolog-nifty.com/kisama/2007/06/lame2_6b24.html

ISO が提示したサンプルにパッチを当てながら改良・発展した「LAME」。さらにLAMEから派生した国産の「午後のこ~だ」。この2つの mp3 エンコーダは親子丼の関係にあると言えます。

丼言うな。

さて、「LAME」と「こ~だ」にはどのような違いがあるのでしょうか? あるいは、違いはないのでしょうか?


1.今回ネタにしたCDはこちら。

孫燕姿(ステファニー・スン)/逆光  ※日本語ページ
http://japanese.cri.cn/134/2007/04/05/1@90557.htm
http://plaza.rakuten.co.jp/chinapops/diary/200705230000/

中国語圏で人気のシンガーが、3月に発表したばかりのアルバムです。いや~、日本からCD持って来るの忘れちゃって現地調達。買っといてアレだけど、今回のアルバムはあんまピンとこない。

その中から4曲目「咕嘰咕嘰(JIS漢字で[口古][口幾][口古][口幾])/グジグジ」というおもしろい曲をサンプルに採用。 出だしはエレクトロポップっぽいのに、途中オーケストレーションが入ったり、ラップになったりと要素が多彩なので平均点的な結果が期待できます。

2.解析ソフトは前回と同じWaveSpectraを使用します。

efu's pageWaveSpectra for Windows

3.「午後のこ~だ」は公式サイトから最新版を入手します。

@MARINECATフリーソフト Windows

最新版といっても、2004年5月に小改訂された Ver 3.13a なのでちと寂しい。このバージョンは標準の手順では Windows Vista にインストールできないことが報告されています。

※ 一番簡単な対策は、Vista 以前の Windows にいったんインストールして、/Program Files/WinGOGO/ フォルダをまるまる移動。これ。

4.「LAME」を入手します。Ver 3.97(2006年9月版)が記事執筆時の最新正式版です。

LAME 公式サイト ※英語ページ

LAME は決まった GUI を持たないので、必要なら別途お好みで入手します。筆者は以下をセレクト。国産です。

KKKKK.NetLame Ivy Frontend Encoder (LIFE)


これが、この曲の無圧縮WAVEファイルを解析した波形です。各周波数帯のピーク値です。当然ながら、変なリミットがかかった痕跡はありません。

さて、ここでおもしろいグラフをお見せしましょう。どん。

これ、実は1枚目と同じデータだと言ったら信じてもらえます? 1枚目の横軸真ん中あたりの「1k(Hz)」は、2枚目ですと横軸0と2の間になってしまいます。それでいて扱っている周波数の範囲はほぼ一緒なんですよ。恐ろしいですね。

音や電気信号の周波数分布を扱うときは、1枚目のグラフが一般的です。対数的に軸を取る理由を簡単に言うと「20Hzあたりで1Hz違うと大騒ぎだけど、20000Hzあたりで1Hz違っても無問題」ということです(←なんだそれ)。

本記事では、違いを強調するため2枚目のグラフを積極的に使っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/11

余計な根性を見せる台湾の新幹線

ここのところ、仕事で台湾西側を北から南まで行ったり来たりしている。いや~ホント、台湾新幹線のおかげでどのエリアも日帰りで行けるようになって良かったなあ!!!!!!(血の涙を流しつつ)

さて本題。ここ1週間毎日夕立&ここ3日間毎日豪雨でいい加減イライラしてきた筆者です。先日、北方面から新幹線で台中に戻ろうとしたら、苗栗(ミァオリー)のあたりで地滑りしたとか何とかで、桃園駅で列車が30分足止め。途中徐行もした結果、台中駅に40分遅れで到着しました。

台灣高鐵には「30分遅れで運賃半額、1時間遅れで全額返却」という規定があるので、今頃や台風の時期に台湾を訪れる予定の人は覚えておくと良いと思われ。

筆者? 筆者は一応関係者なのでご遠慮申し上げました。どこで誰に見られてるか分からんし。自腹乗車なんだけどね。

Imgp6706

画像をクリックすると動画が見られます。おいおい足下までだっくだくじゃねえか。こんなんで運行していいんかよ。すげえな台湾の新幹線は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/07

x-wこと、Advanced [es] W-ZERO3正式発表。発売は7月中旬

Willcomのスペシャルサイトにつながんねえので、シャープの製品紹介を見る。
http://www.sharp.co.jp/ws/special/011sh/

結局、[es]の正常進化強化版と言った位置づけと思われ。ちょっと欲しいかも。

まとめはuseWill.comさんとこを参照されたし。
http://kamo.pos.to/dpoke/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/06

【追記】アキバで雪化冰を食った話

PC用メモリが底値らしい。

居ても立ってもいられず、帰国の折りに成田からまっすぐ上野に向かい、嫁さんが付き合ってくれるというので合流してアキバへ。

チキンな筆者は、結局国産チップを使った最安でもなんでもないモジュールを4GB分購入。筆者宅のPC環境は、Northwood Pentium4の3GHzあたりで止まっており、CPUやらグラボやらマザーボードやら総取っ替えとなるので、この辺も必要最小限購入。

ちなみに、memtest86を100%余裕で通過。エルピーダ最強。

買い物の帰り、大通りの末広町寄りで「雪花冰(シィエフアビン/Xuĕhuābīng)」を食わせてくれるスタンドを発見したので寄ってみる。東京初上陸とのことだ。

雪花の郷
http://www.akibaice.com/

雪花冰とは、甘味を付けた牛乳や練乳を凍らせたものを普通のかき氷より細かく削ったもので、台湾発祥とされる。名の通り、新雪のようにフワフワしていて、口に入れるとほとんど歯ごたえなくサラッと溶けてしまう。

嫁さんは初めての食感に大喜びしていたが、筆者は(主に量的に)不満だった。値段もプレミアム込みでも500円というのは高すぎるかも。

なぜならば、この画像を見て欲しい。どん。

Imgp5086

本場の台湾で、筆者、何度もこいつを食ってしまっているからだった! ちょっと撮り方が悪くイメージしにくいが、ドンブリ1杯分くらいある。そして、山盛りのカットマンゴー。とどめにアイスクリームをトッピング。これで日本円で500円くらい。

ボリュームも驚くが、マンゴーの甘味がスゴい。雪花冰にもアイスクリームの甘味にも負けていない。それでいてさっぱりとしているので、1人でも食えちゃう。

もう台湾は、昼35℃・夜28℃くらいのイケてる環境になっちゃってるけど、ビザはいらないし、成田から3時間半もあれば来られるので、ヒット・アンド・アウェイで食べに来てはどうか? なんて話を嫁さんに振ったら微妙な顔をされた。

旅々台北古早味豆花 ※小豆をトッピングした雪花冰の有名店

旅々台北冰館(ICE MONSTER) ※マンゴーかき氷の有名店。台中にも支店あり
【追記】日本(大阪・なんばウォーク)にも支店があったらしい
ICE MONSTER(日本跡地)http://blogicemonster.ririku.jp/
ICE MONSTER(台湾)http://www.icemonster.com.tw/

台湾物産館 ※台湾政府の肝煎りで2006年に設立された、台湾特産農産物のアンテナショップ。笹塚にある。雪花冰も食べられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/04

まなびストレート!:中国語圏でも終了のお知らせ

おひさ。ちょっと帰国してました。

また台湾に舞い戻ってきたので、腹いせにアニメショップを回ったら、こんなの見つけちゃいました。

 

まなびストレート! の中国語版「學美向前衝」全12話入りです。もちろん海賊版ですが。

ジャケットのイラストは、サントラ第2弾そのままです。「オリジナルサウンドトラック」の文字を消すことすらしていません。

当然プレスではなく、3枚のDVD-Rに分けて焼かれています。何枚目か迷わないように手書きでナンバリングされています。親切ですね。ちなみに、RiDATAの8倍速対応メディアでした。

ディスク仕様は、リージョンなし・日本語発音です。字幕は中文繁体字幕で消せません。台湾でしか使われない表現や、解説において「台湾では…」という文面が多く見られることから、字幕は台湾で制作されたものと思われます。


それでは中身を見てみましょう。キャプチャ画面はノートリミングで、一切コントラストなどはいじっていません。

Manabicap00
前回取り上げた「らき☆すた」海賊版と違って、小窓が動画の立派なルートメニューを持っています。

Manabicap01
本編の画質はこんな感じ。セットアップが高いのか、コントラストが低く「眠い」印象を受けますが、本放送時もこんなもん。

Manabicapop
「振り向いでも」。なぜか2枚目以降は直っています。中国語訳も2枚目から付きます。

Manabicaped
こちらはエンディング。

Manabicap03
ニックネーム「みかん」の解説。

Manabicap05
アンオフィシャル英語版では説明できていない「LOVEANI」を正しく解説しています。

Manabicap06
オーパーツは「神秘部件」と言うそうです。

Manabicap0a
翻訳難関の一つ、しりとりのシーン。

Manabicap0b
「なんと、ハワイにもソコイチが~」。ちなみに、「CoCo壱番屋」は台湾にも出店しています。

Manabicap0c
「なんでタコは虫偏なんだ…?」。英語圏と違って、漢字ネタを理解してもらいやすい。

Manabicap0d
「大躍進」は毛沢東のスローガンなので、やはり変更されています。

Manabicap0e
「ツンデレ」の解説。沢近愛理やシャナを参照せえ、と書かれています。

Manabicap08
環七について「ラーメン屋が大変多い」と突っ込んだ解説が。

Manabicap22
Manabicap23
青春だよね…。

Manabicap26
翻訳放棄デター!

Manabicap27
「アメリカへ行こうと思うんだ」。まなびに感化されておかしくなってしまったみかんでした。

Manabicap29
「ばいば~い!」


さて、登場人物はどのように表記されているでしょうか?

  • まなび・まなびちゃん → 學美(シィエメイ/Xuémĕi)
  • みかん・みかんちゃん・みかちん → 小光(シァオグアン/Xiăoguāng)
  • めいちゃん → 芽生(ヤーション/Yáshēng)
    めいたん → 阿芽(アーヤー/Āyá) ※偶然だけど「アヤ」になってる
  • むっちー・むっちーさん → 小睦(シァオムー/Xiăomù)
  • もも → 阿桃(アータオ/Ātáo)
    ももちゃん → 小桃(シァオタオ/Xiăotáo)
  • タカちゃん → 小佳(シァオジア/Xiăojiā)

なんで、まなびだけ本名のままなんでしょうか?


本編中に「次回の放送は深夜2時からに変更になります」というテロップが入っているので、ソースは地上波デジタルのエアチェックと思われます(地上波アナログでこの画質を得るのは難しい)。

全体的に明度とコントラストが低く(これは本放送時のまま)、2度の圧縮を経ているため、画質は若干ノイジーですが普通に見る分には十分です。

お値段ですが、全12話入りで300元(約1140円)。大変お買い得です。だいたい、正規版は2話入りで500~600元(約1900~2280円)が相場なので、海賊版の画質がそこそこなら正規版が売れるはずがありません。

まあそんなわけで、英語圏に続いて中国語圏でも正規版の売れる見通しがなくなって参りました。どうしましょう大月さん。

※ご注意:いわゆる「海賊版」ソフトは、台湾から持ち出すことはできませんし、日本に持ち込むこともできません。見つかれば没収です。また、大量に所持するなど、悪質なケースでは処罰される恐れもあります。購入はあくまで自己責任で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »