« ComicStudio次期バージョン、クローズドベータテスト終了 | トップページ | 腰砕け菓子図鑑 in 台湾(2) ~オレンジ色の憎いヤツ »

2007/06/21

「LAME」と「午後のこ~だ」のクセを見切ってみた(後編)

前回のエントリはこちら:
「LAME」と「午後のこ~だ」のクセを見切ってみた(前編)

今回の実験で使用した、各エンコーダの設定は以下のとおりです。その他、高音質を謳ったオプションにはチェックを入れています。

設定項目

LAME

午後のこ~だ

圧縮モード

VBR(可変)

最低/最高ビットレート
(Kbps)

32/320

ステレオモード

ジョイントステレオ

共包絡ステレオ

エンコード速度

0:高音質

高音質/非常に遅い

ところで各エンコーダには、「1秒平均でどのくらいビットを割り当てるか」を設定できる項目があります。「LAME」では「ビットレート音質」、「こ~だ」では「VBRクオリティ」と呼ばれています。


「LAME(LIFE)」はここ。ただし、平均ビットレートは事前には分からない


「こ~だ」はここ。「ターゲットレート」で大体の目安が示される

この項目を変えながら圧縮を行った結果が以下の表です。

LAME

0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

平均
Kbps

241

228

202

159

147

130

119

111

95

79

サイズ
MB

7.8

7.3

6.5

5.1

4.8

4.2

3.9

3.6

3.1

2.6

 

こ~だ

0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

平均
Kbps

204

197

194

187

171

147

117

110

107

92

サイズMB

6.6

6.3

6.3

6.0

5.5

4.7

3.8

3.6

3.5

3.0

「LAME」に比べると「こ~だ」の変化幅が狭い以外に、とくに不審な点はありません。また、平均ビットレートとファイルサイズは比例するので、これもどうということはないでしょう。

強いて言うなら、「こ~だ」のターゲットレート表示はあてにならない事が分かります。(設定1のとき、160Kbpsとか表示されていた気が…)。

それではこの中から、ほぼ同じ平均ビットレートとなった、「設定2のときのLAME」と「設定0のときのこ~だ」の周波数分布を解析してみましょう。


LAME: VBR(Avg.202Kbps)…設定2

GOGO: VBR(Avg.204Kbps)…設定0

赤いラインは無圧縮の場合の分布です。「LAME」は19,000Hzあたりでローパスフィルタがかかっています。対して、「こ~だ」は大きな違いがありません。

「こ~だ」のローパスは、設定3から有効になることを以下のエントリーで確認しています。
http://ott-mercus.cocolog-nifty.com/kisama/2007/04/post_8eda.html

それでは、設定0(最高音質)の「LAME」はどうでしょうか?

LAME: VBR(Avg.241Kbps)…設定0

リミットが変わるだけで、ローパスフィルタそのものは無効にならないようです。では、おそらく設定上の最高音質と思われる、CBR(固定ビットレート)320Kbpsではどうでしょうか?

LAME: CBR(320Kbps)

傾向が変わりません。また、ほんの少しですが高音が強調される傾向があります。

【参考】GOGO: CBR(320Kbps)


高い周波数の音を圧縮するには大きな情報量が必要になります。しかし、十分なビットレートが割り当てられないとひずみとなって聴感を損ねます。そこで、ローパスフィルタを駆動して、前処理で高い周波数の音をカットし、これを防ぎます。

さて結論です。2つのエンコーダのもっとも大きな「クセ」の違いは、このローパスフィルタのさじ加減と言えるでしょう(エントリーの最後に、他の設定での比較を掲載したので参照して下さい)。

とはいえ「『こ~だ』は『LAME』より高音質じゃねえの!?」とは簡単に言えないのが難しいところです。

この周波数分布グラフは、あくまで各周波数帯の最大値を示すもので、傾向は分かりますが音質を示すものではありません。

「こ~だ」は確かに原音と似た傾向を示しますが、高音を無理して詰め込んでいるかもしれない。結果、どこかでひずんでしまっているかもしれない。

「LAME」は高音部分の記録は早々にあきらめてしまっていますが、その分、人の耳が感知しやすい低~中音に情報量を割り振っているかもしれない。

  • 現実路線の「LAME」
  • 理想主義の「午後のこ~だ」

というイメージでしょうか。

音質の善し悪しを決めるのは最終的には「聞く人」です。実際にお気に入りの曲を2つのエンコーダで圧縮して、耳に合う方を選んでも良いでしょう(正直なところ、違いが分からないかもしれませんが…)。その際、このエントリーが参考になれば幸いです。


LAME: VBR(Avg.95Kbps)…設定8

GOGO: VBR(Avg.92Kbps)…設定9

LAME: VBR(Avg.111Kbps)…設定7

GOGO: VBR(Avg.110Kbps)…設定7

LAME: VBR(Avg.147Kbps)…設定4

GOGO: VBR(Avg.147Kbps)…設定5

|

« ComicStudio次期バージョン、クローズドベータテスト終了 | トップページ | 腰砕け菓子図鑑 in 台湾(2) ~オレンジ色の憎いヤツ »

Tips/トリビア」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70893/15504319

この記事へのトラックバック一覧です: 「LAME」と「午後のこ~だ」のクセを見切ってみた(後編):

« ComicStudio次期バージョン、クローズドベータテスト終了 | トップページ | 腰砕け菓子図鑑 in 台湾(2) ~オレンジ色の憎いヤツ »