« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »

2007/09/21

暇だったので、デスクトップにかがみんを設置してみた

先日最終回を迎えた「らき☆すた」。筆者も正座して視聴したんだけど、「ゆるゆる」「またーり」な学園モノのはずが、いきなりアツい展開でおののく。脚本が原作者自身だった。「まったり」にはもう飽きたんだろうなあ、と同情を禁じ得なかった。

筆者は1話で寝たのを除けば、毎回楽しく視聴した。んが、「まなび」ほどは熱中しなかったので、主題歌シングルと単行本5巻だけ買った。

(正確にはこれ以外に、Blogネタのため台湾のオタショップで海賊版を購入したりした)

それにしても、能動的に見たアニメで寝たのは初めての経験。京アニ恐るべし。

さて本題。

以前、「涼宮ハルヒシリーズ」第3の宇宙人、喜緑さんのデスクトップマスコットを紹介したが、「らき☆すた」モノもいくつか作られているようだ。

毎度のことながら注意しておくと、筆者はここで紹介したプログラムの安全性を保証できないので、自己責任で使用すること。

Raki-Suta Imageboard(英語)から以下のスレッドを参照。

http://www.raki-suta.com/img/res/6570.html
http://www.raki-suta.com/img/res/4125.html


「おすわりかがみちゃん」

誰の原画だ――!!!

「おすわりえみりちゃん」と同じモジュールを使っているため、機能はほぼ一緒。しかし、かがみんを左クリックすると!

Kagamin2

デカい! ウザい!


「デスクトップこなた」

ひたすら踊る。オプションで残像をつけられる。


「みさおダンサー」

「踊るだけだってヴぁ~」

他にもいくつか上がっているのでおそるおそる試すがよろし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/07

まなびストレート!:祭の後

ドバイとかインドに飛ばされたという噂がありますが、私おとまかすは、今、日本です。月日がたつのは早いですね。

そんなわけで、久々の更新では「まなび」周辺のその後をリサーチしてみました。


1.まなびオンリーイベント「まっすぐGO!」のその後

都立産業貿易センター(浜松町館)にて開催されたこのイベント。募集100スペースの枠に対して応募は16。同日開催の「苺ましまろ」オンリー枠と併せて33サークルが参加表明した模様。

ちなみに、浜松町館3階展示室の間取りはこんな感じ。第一展示室は左半分。
http://www.sanbo.metro.tokyo.jp/shisetsu/hama_3-5f.html

つまり、800㎡を33サークルで分け合ったこととなる。筆者、1サークルあたりの床面積とか怖くて計算できないし

わかってる。主催者さんも参加サークルさんも悪くない。悪いのは、天宮学美とその一味。これ鉄板。


2.公式サイト、忘れた頃にこっそり更新

なぜか9/6付けで更新。何事かと思えば、藤田咲がDVD7巻の宣伝をしていた。

そんなことより、この間出たコミックス3巻の情報を上げてあげてください(><)


3.ものすごく落ちついたDVD売り上げ枚数の話

情報の出所が、また某巨大掲示板で申し訳ない。

  • STRAIGHT5(第5巻)限定版:2,052

うわぁ…。

筆者、4巻の売り上げ情報を持ってないんだけど、別になくてもいいよね! ちなみに1~3巻の売り上げ枚数はこちらのエントリで。

ちなみに、発売されたばかりの6巻のライナーには「学校教育とは!!」と意気込む社長と「なんでこのキャラでそんな話をやらにゃならんの?」という現場の軋轢が語られていて、これはこれで興味深い。


4.おまけ

ufotableとそのコミックス部隊「たあたんちぇっく」が、集英社の新雑誌「ジャンプSQ.(スクエア)」で連載を持つらしい。

清く正しく美しく
http://jumpsq.shueisha.co.jp/contents/kiyokutadashiku/

女子サッカーを題材にした学園青春ものらしい。どことなく「まなび」の面影が残っているのがほほえましいが、耳の位置が凄いことになっているのに今気づいて戦慄

とりあえず、最近絵が荒れ気味の「まなび」の連載に全力投球してほしいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »