« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »

2008/01/17

観てから死ね! VOCALOID系傑作PVセレクション

ニコニコ動画のアカウントが、12月頭くらいにやっと24時間解放になったので、こんな記事を組んでみましたよ。

皆さんにとって、なるべく新しい発見があるよう頑張ってみましたが、定番も紹介したい微妙な乙女心。

視聴にはニコ動のアカウントが必要ですが、特に損はないのでこの際取っちゃうのも一興。


1. MEIKO姐さん頑張りすぎです「PASSIONAIRE


Animation, Music, Lyrics, Arrange & Program: yanagi

シャウトと情熱の腰つきがアツすぎるぜ姐さん。姐さんの新しい一面を見る事ができる傑作。yanagi氏の楽曲では、2人時代のZabadakを彷彿とさせる「雲の遺跡」もオススメ。

2. 優しいタッチと独自の解釈「White Letter


Animation: R-9
Music, Lyrics, Arrange & Program: GonGoss

定番。実は意外と難解な詞。「見えない人」のシーンに「壊れたラジカセ」を持ってくるR-9氏のセンスに脱帽。GonGoss氏の楽曲としては「スマイリー×スマイリー」もオススメ。

3. 一度見たら忘れない『うるしミク』から「ヤキイモ」「安里屋ユンタ


Animation, Music, Arrange & Program: Bumpyうるし


Animation, Sanshins, Arrange & Program: Bumpyうるし
Music & Lyrics: (Traditional Okinawan Song)

Flashアプリ「ミクシーケンサ」の作者。「ヤキイモ」の中毒性は異常。沖縄民謡「ユンタ」は眉間にシワ寄せて歌うリンがかわいすぎる一作。

4. 沖縄つながりで「静かな湖畔 LIVE in 沖縄


Animation: unknown
Arrange & Program: Dan
Music & Lyrics: (Traditional Swiss Song)
Japanese Lyrics: 山北多喜彦

絵はチマチマしているがきちんと音楽と同期しており、何気に技術力を見せつけるPV。沖縄風歌唱の再現もばっちり。左上の変な頭の子は英語版VOCALOIDの「SweetAnn」。スイーツ(笑)にしてやんよ。

5. Flash界からの刺客「カクレンボ


Animation: DNA
Music, Lyrics, Arrange & Program: クロキヨースケ

DNA氏の独特の作画センスが美味しい一作。DNA氏はニコ動では「おっくせんまん」の人として知られるが、最近では「みくみくにしてあげる♪」のPVも手がける。楽曲は「ミク」の製品デモ曲として制作されたが、ノスタルジックな曲調と歌詞、高い完成度が相まって最高傑作の一つと謳われる。

6. 曲に集中できない!「Haruna


Music, Lyrics, E.Guitar, Arrange & Program: haruna808

筆者一押しのharuna808氏の楽曲から。歌詞にギターリフにサビのコードワークといい気持ちよすぎるのだが、曲と裏腹に手に汗握るPVになってしまっている。なおこの曲にはmaru氏によるアニメPVも存在する。他には「パンダのうた」もオススメ。

7. どう見てもプロの犯行「ハト」「ピンクスパイダー


Animation: とりから
Music, Lylics, Arrange & Program: 風見レン

筆者、曲だけ初めて聴いたときは特にピンと来ず、「ミクでなくてもいいんじゃね?」と思ったが、このPV見たらミク以外あり得ないと思った。


Animation: とりから
Music, Lyrics, Arrange & Program: トラボルタ

鏡音リンの大きなリボンを蝶に見立てたストーリー展開にただただ感服。歌のポジティブさと相まってなんか泣くわこれ。

8. 完成が待てない!「moon


Animation: なぎみそ
Lyrics: ふるこ
Additional Lyrics, Music, Arrange & Program: iroha

「初音ミク」モノ最高傑作の一つ「moon」に、ハイクオリティなアニメがつきそうな予感。静かに待て。荒らすな。

9. 別の意味で泣ける「MZ-700のテーマ'07


Animation: 紅茶羊羹, Ugeo, すぎもと & まるくん
Music: りすとらん
Lyrics: りくすけ & すぎもと
Program: まるくん

MZ-700友の会」による。これだけ愛されれば本望だよね。この分野では「PC-6601が歌うタイニーゼビウス」という元マイコン少年は涙ダダ漏れの傑作動画がある。


なんか紹介忘れがあるような気がするけど気にしない。思い出したら都度追加します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/15

まなびストレート!:今から関連出版物4点をチェックしてみる

ところで、あけましておめでとうございます。まだ死んでません。おとまかすです。

先月、無事「DIRECTORS’ WORKS」が発売され、いよいよ「まなび」関連グッズも単行本4巻(完結との噂あり)を残すのみとなりました。

本稿ではおさらいとして、「まなび」関連書籍4点(現在入手困難なものも含む)をだーっと並べて自慢してみたいと思います。


1.まなびストレート! DIRECTORS' WORKS

まずは最新のムックから。本文は一切カラーなし、純粋に資料と原画とインタビュー集となっています。

今から同人とか描く人にお勧めです。

詳細は「Webアニメスタイル」に立派な特設ページができたのでこれ参照。

個人的には、モブキャラ設定(名前までついてる)とか何枚も載せるくらいなら俺の角沢さんの資料をmore載せろよてめえこの野郎と思ったのでマイナス40点したいところですが、この時期にこの作品を特集したムックを出す男気を買って85点/100点満点としましたが、皆さんはどうでしたか?

あと、表紙カバーをめくるとこんな感じでステキです。まあこのノート、本編ではロクに書き込みされない上に、全く無駄になってしまうわけですが。


2.まなびストレート! キャラクターBOOK

「月刊コミック電撃大王」'07年5月号付録です。まだ入手できるかも。この号は、本誌の表紙が まなびと角沢さんのツーショットとなっており、しかも制服のジャケット交換などしており、なんかエロいのでポイント高し。

付録のページ数は70弱、うち通常の連載マンガが27ページを占めます。また、前半30ページがカラーで、新旧の版権イラストやキャラ紹介などが載っており実は結構充実している罠


3.まなびストレート! ラフ設定本

'06年の夏コミにて、キングレコードのブースで販売されたグッズ詰め合わせに密かに仕込まれていたそうな。伝聞調なのは、筆者、10年近くコミケに行っていないのと、あとこれを人に言いづらいルートで入手したからなのです。

本文は14ページしかないし、マジでラフな設定しか載ってないし、しかも「DIRECTORS' WORKS」でほとんど再収録されているので全く価値なし。orz


4.まなびストレート! 聖桜学園生徒会会誌準備号

いろんなオフィシャル本がありやがりますねえこの野郎。たぶん'06年の冬コミで販売されたものではないかと思われます。放送開始直前という事で、番組の簡単な紹介と、18人の業界人・有名/無名同人作家たちが1ページずつ応援イラスト(モノクロ)を提供しているだけ。

だけ。

©のついた同人誌という点が珍しいことを除けば、これも正直買ってはいけない部類に入ると思われます。今でもヤフオクにたま~に出てきますが、300円でもキツいのでそのつもりで。


…。

なんか、自慢するつもりがリストカット跡を見せびらかす人みたいになった気がするけど気にしない。

「まなび」のフォローは、あとちょっとだけ続くんじゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »