« 2008年1月 | トップページ | 2008年5月 »

2008/03/21

【訂正】絵に描いたような すごい 原作レイプ

久々に行ったYouTubeで、The Snowman(スノーマン)のパロディCMをやってたので食い入るように観る。

  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄

ひどすぎ。泣ける。見事な原作レイプっぷりに(悪い意味で)鳥肌を立てつつ色々調べてみた。

"IRN-BRU"(アイアン・ブルー)はスコットランド発の炭酸飲料。1901年の発売開始はペプシより古い(ペプシ:1903年、ちなみにコカコーラ:1886年)。だいたい英語圏、あとロシアとか中東などでも売られている模様。ごく微量の鉄分(クエン酸鉄アンモニウムとして0.002%)が含まれており、この辺が名前の由来らしい。

問題のCMは、2006年末のクリスマスキャンペーンのために作られたもので、元ネタのコラージュではなく完全新作。バックの歌も替え歌になっている。

原作者レイモンド・ブリッグズのキャラとしては、他に「107Calか。これだな!」とか言いつつキットカットをかじるファーザー・クリスマスがYouTubeで確認できる。

どうしたレイモンド! 困りごとがあったら相談に乗るし。


まあホントはモンドはお冠で、TIMES紙に「俺のキャラを宣伝に使うな!」と怒りのコメントを寄せたとか。下記参照。

【参考】アンモナイト -Ammonite-熊と雪だるまの悲哀

つまり、自分のキャラを完全に売り渡してしまったようだ。でもそんなこと言うなら、少しでも権利を保持しとけば…とも思う。

おおっと、メーカー公式のページがまだ残ってたぜ。
http://www.irn-bru.co.uk/snowman/index.html

このページには、CMで使われた歌詞も載っている。不幸をお裾分けするために筆者によるお粗末な和訳もプレゼント。

We're walking in the air
I'm sipping on an IRN-BRU
My chilly snowman mate said that he would like some too
I tell him, get your own
He looks like he is about to cry
I tell him once again that the IRN-BRU is mine
Now I'm falling through the air
I wonder where I'm going to land
He nicked my IRN-BRU and let go of my hand

【訂正】よりイヤな感じにしました

ボクらは空を散歩したんだ
ボクがIRN-BRUを飲んでたら
ダルマが「オレにもくれよ」とか言うので
ボクが「てめえで買え」と答えたら
奴は泣きそうな顔をするんだ
「そんな顔してもやらねえし」と追い打ちをかけたら
次の瞬間、ボクは放り出されていたんだ
どの辺に落ちるんだろう
奴はボクの手の代わりにIRN-BRUを掴みやがったんだ

(∩゚д゚)アーアーきこえなーい

なお、このCMについては下記でも詳しく言及されているのでご参考までに。

【参考】Tribal TheatreSnowmanで100万ビュー突破

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/18

Vocaloid: 春といえばストーキング

(゜з゜)プゥ(゜з゜)プゥ 忍者っじゃー!

「みくみく菌にご注意♪」「夢見ることり」など硬軟自在の実力派「はやや(天竜寺隼人)」氏による新作。どちらかというと今回は「あたまわるいうた」の模様。

底抜けにあたまわるいかんじのPVとは裏腹に、実は失恋の歌というのがミソ。2回見直すと、やりきれない想いをカラ元気でねじり伏せようとあがいてるように見えてきて、なぜか悲しくなる。

とりあえず、PVラストのあたまわるいやりとりでちょっと救われる。


【関連リンク】

燃えよ犬・改 ※はやや氏Webサイト
【初音ミクオリジナル】みくみく菌にご注意♪(フルver) ※ぷーぷーぷー
【鏡音リン初音ミク】夢みることり【オリジナル】 ※リン・ミクの掛け合いが美しい、氏の代表曲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/17

Vocaloid: ボカロ系PVに台湾からの刺客現る

「ピンクスパイダー」「よつばのクローバー」などの良作を相次いで発表している「トラボルタ」氏の新作「ココロ」の凄さについて今更書くのも野暮な気がするが、3/16付けで大変出来の良いPVが投稿されたので、これは紹介せざるを得ない。

2週間足らずで作ったのか。仕事早っ!

派手なモーションは無いものの、違和感のないキャラデザイン、シンプルでありながら流麗なタッチが大変気持ちいいのだが、この作者が台湾の人と聞いてびっくり。

この人の作品は、KAITOで作成された平沢進のカバー曲でも見ることができる。

「ココロ」については、台湾人女性による「歌ってみた」バージョンもある。正直あまり上手くないのだが、日本語で懸命に歌っている様子を想像すると、これはこれで


【関連リンク】

【鏡音リン】 ピンクスパイダー 【オリジナル曲】 ※オリジナル
【鏡音リン】ピンクスパイダーに絵を付けて画質向上版【クモ】 ※とりから氏による傑作PV。3/14改良版
【鏡音リン】 ココロ 【オリジナル曲】 ※オリジナル
トラボル亭 ※トラボルタ氏Webサイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/15

Vocaloid: 初音ミク定番「White Letter」を歌う猛者現る

ちなみに「ケダマ」はユニット名で、ボーカルは森川アキコさんという方。メジャーレーベルでの活動経験もある、正真正銘プロの犯行。声が柔らかく、音程の安定感も抜群。

早くも次作への期待MAXな筆者ですがどうしたらよいでしょうか?

http://kedamada.exblog.jp/8065790/
http://kedamada.exblog.jp/8069888/

このあたりを読むと、作品投下までの経緯が分かるものの、アニメーションの作者であるR-9氏との出会いが語られておらずちょっと残念。

ちなみに上の動画、コラボと銘打つだけあり、最後にちょっとだけおまけがあるので見逃すな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/10

なげ

兵隊さんの仕事は、どちらかというと「守る」ことの方が多いのではないか。

「人を殺す兵隊さんが犬を殺したくらいで騒ぐな」という人がいるのだが、暇つぶしに動物を殺し、その模様をビデオに撮り、動画サイトにアップする兵隊さんに、いざというときに守ってもらえるとはとても思えないのだがどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年5月 »