« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »

2008/05/26

VOCALOID:初音ミク、中華ポップスに挑戦!! 無惨な結果に俺失禁!?

いや、失禁とかしてないし。

ニコ動を適当に検索してたら、中華ポップスで筆者一押しの孫燕姿(ステファニー・スン)の初音ミクカバーを発見。

ていうか、作ったの俺ニコ動からいらした方は回りくどくてごめんなさいね。

需要とか分かんないけど、mp3置いときますね>TianHeiHei.mp3 (4141.2K)

以下解説。

●楽曲元ネタについて


孫燕姿って誰?

日本語Wikipediaに項目あり。基本的に台湾の人。
孫燕姿 - Wikipedia

孫燕姿のCDが欲しいんだけど…

残念ながら日本盤は存在しません。中華グッズ専門店、大型音楽ショップ(タワレコの通販にはあった)で輸入盤を当たるか、いっそのこと台湾に行ってしまうのも手かと。近いし安いし。怖くないから新幹線とか乗れ。

タイトルの「天黑黑」について

北京語(標準中国語)では「ティエンヘイヘイ」と読みますが、作中では「ティオーオー」と歌っています。ここだけ台湾語読みなのです。台湾語とは、福建省付近の方言の流れをくむ、台湾第2の公用語です。使われる漢字は北京語とだいたい同じですが、発音がひどく異なっています。東京弁と沖縄方言くらい違います。

「天黑黑」ってどういう意味?

主人公の祖母が台湾語で歌う「天黑黑 欲落雨 天黑黑 黑黑」は、台湾の民謡の一節です。雨乞いの歌のようで(この辺自信なし)、本来の意味は単に「空よ曇れ~ 雨降ってくれ~ 曇れ~」と願をかけているだけです。「雨が降っても勇敢に進め」などとは一言も言ってません(><)

●作品について


ミクちんは、適当に打ち込んでもそれなりに歌ってくれる優秀な子。それに引き替えリ(略)。

とはいえ、中国語は日本語にない発音が多すぎるので大幅に妥協。それっぽく聞こえればよしとしました。

筆者が見つけた、ミクちんのちっぽけなノウハウ

  • 「私」を意味する中国語「我(ウォ)」は、Vocaloid Editorにて歌詞「wo」をブチ込むと吉。
  • 「天(ティエン)」は、字面そのままに「てぃ-え-ん」と打ち込むと悲惨なことになる。そこで、「てぃ-ye-ん」で代替すると吉。でもやっぱり「ん」の発音がつながりません。
  • 「じ」とか「ず」の音量がでけえ。
  • バラード系の曲にはBRE(ブレシネス)が意外と効果的。のどをキュッと締めたうわずった感じが出ます。

●その他


久々にDTMの世界に戻ってみれば、DAW? 何それ? どこの国の武器?

何しろ、筆者の制作環境、一つ前はRoland SC-55とレコンポーザだかんね(死)。しかも正確には、X68000のレコポクローン、STedだったりするという地獄。

ピアノは、YAMAHAいにしえのXG音源ボード「SW1000XG」のグランドピアノにコンプとステレオエンハンサーを軽く効かせて。ハードの音源モジュールは不便だねえ。ノイズ乗るから録音大変だし。

やべえ、今になってテロップの誤植発見(死)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »