« 2008年9月 | トップページ | 2009年1月 »

2008/10/05

君は、俺の机上にそびえるマンハッタンを見たか

始まりは、ネコゲロだった。

筆者は、何気にネコゲロがかかっているのを見た。

X68000※1の入った箱の上に。うええぇぇぇぇぇッ!?

結構染みていた。結構時間が経っていた。何たる不覚。飼い猫の処刑方法※2は後で検討することとして、被害状況を確認する。

染みたゲロはすでに乾いてはいたが、箱の中でもっとも上に格納されているキーボードを侵していた。あわててキーボードをバラし、クリーニングを試みると何かの小さなサナギがコロコロ出てきてちょっと泣く。ダメ元で久々に電源を入れてみると、残念ながらキー全体の1/3ほどが死亡確認。

仕方がないので、某オークションにたまたま出てた「1,000円/ノークレームノーリターン」のキーボードを落札してみると、笑えるくらいアレな状態だった。全体的にツヤがなく、キートップにはヘドロのような油がつき、隙間から毛のようなホコリがモッサリ。おまけにタバコ臭い。

しかし丹念にクリーニングしてやると、キーボード自体はちゃんと動いたのでよしとする。この1週間で、バラしたキートップとお風呂に2回も入るハメになった筆者だった。

※1 世のパソコンがWindowsとMacだけになる前、SHARPが作ってたイカすパソコンだヨ! ちなみに筆者のはX68000XVIというモデルで、'91年から筆者のパソコンライフを支えてくれた相棒だヨ!

※2 ネコは具合が悪くなくとも時々ゲロを吐く生き物なので、ホントに殺っちゃダメダゾ!


そんなわけで、筆者のX68000XVIは図らずも復旧したので、せっかくだからいじることとする。

X68_01

X68シリーズは電源部の電解コンデンサに問題があるので、今後も使うなら大事を取って替えた方がいい。チキンな筆者は某有志に依頼して交換してもらった!

続いて、SRAMのバックアップ電池を交換。秋葉原の稲電気でリードのついたボタン電池を入手し、このくらいなら筆者自ら半田ゴテを握りサクサクっと交換。

外付けHDDはとっくの昔に逝ったので、Windows PCの余ったハードディスクにIDE-SCSI変換ボードをかまし、オークションで落としたHDD内蔵キットでXVI内部に固定。

このHDD、Human68k(X68のOSだヨ)からは認識されるも、フォーマットできない。領域確保するとなぜか即使えるようになる。おかしいな~とは思いつつ、OSのインストールもできちゃうので見なかったことにする。


ここからが大変。環境を整えるのに各種フリーソフトは必携。んだども、そういうソフトは逝ってしまった外付けHDDだけに保存してたんだよね~。

X68のフリーソフトは、現在もVectorRetroPC.NETなどで入手可能だけど、標準でLANを持たないX68の代わりにWindows等でこれを落としても、X68へ移動する手段がない。なぜならX68シリーズのフロッピーは一部を除いて5インチだから。筆者のXVIもそう。今時のPCに5インチFDDついてねえし。

ここで秘密兵器。昔に結構無理して買ったツクモの外付け3.5インチFDD「TS-3XR1B」を使ってデータ移動をたくらむ。んが、Human68KでフォーマットしたFDはWindowsでも読めるが、一度でもWindows側で書き込むとX68では読めなくなる(Windowsが使うVFATに対応していないため)。ダメじゃん。

X68_04

そこで仕方なく、WindowsにVirtual PCを導入。MS-DOS6.0の環境を整えた。画像はVZ(これまた懐かしい)のファイラを立ち上げたところ。

  • Windowsでフリーソフトをダウンロード→Virtual PC上のMS-DOSへ渡す→MS-DOSでFDへ書き込み→X68へ移動

このようなめんどくさい手順を経てどうにかX68の環境を整えた。VTwentyOneを導入したのでWindowsと直接FDの交換が可能となり、Virtual PCもお払い箱となった。

X68_02

ちなみに、NEC LCD2490WUXiでX68の31KHzモードが表示可能。ただし、そのままでは下の何行かが欠けるので、Advancedモードでの調整が必須。さらに、VGAの15ピンコネクタを2列→3列に変換する必要がある。

もっと画面いっぱいに表示することも可能だが、文字がぼやけるだけなので、これくらいで勘弁しておく。

X68_03

今まで黙っていたのだが、筆者は同人サークルXPSのLAN+USB+メモリ複合ボードNereidを入手していたのでこれをインストールし、設定にちょっと悩んだもののインターネットへの接続に成功した。

先にやれよ! と思われる人もいるだろうが、環境を整えないで行う試行錯誤ほどキツいものはないので…)

画像は、ftpfという便利なファイラ風FTPクライアントでVectorのFTPサーバに接続したところ。これでバリバリとゲームを落と結局ゲームやるだけかよ!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2009年1月 »