2008/07/25

ポニョ観てきた

会社休んで医者行ったついでに観ました。7月平日昼の回で500人入る劇場に100人くらい。あれ?

「ハウル」→「ゲド」と、最近のジブリはヤバげな流れだったので心配してたが、それは杞憂でした。「トトロ」でも「千と千尋」でもない、強烈な世界観とか。ポニョかわいいよポニョ。

半魚人形態とかでも全然いけます(それは言い過ぎです)。

子供が黙って画面を凝視してたのが印象的。

ジブリ映画俺ランキングの2位入りしました(ちなみに1位は「千と千尋」)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/21

【訂正】絵に描いたような すごい 原作レイプ

久々に行ったYouTubeで、The Snowman(スノーマン)のパロディCMをやってたので食い入るように観る。

  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄

ひどすぎ。泣ける。見事な原作レイプっぷりに(悪い意味で)鳥肌を立てつつ色々調べてみた。

"IRN-BRU"(アイアン・ブルー)はスコットランド発の炭酸飲料。1901年の発売開始はペプシより古い(ペプシ:1903年、ちなみにコカコーラ:1886年)。だいたい英語圏、あとロシアとか中東などでも売られている模様。ごく微量の鉄分(クエン酸鉄アンモニウムとして0.002%)が含まれており、この辺が名前の由来らしい。

問題のCMは、2006年末のクリスマスキャンペーンのために作られたもので、元ネタのコラージュではなく完全新作。バックの歌も替え歌になっている。

原作者レイモンド・ブリッグズのキャラとしては、他に「107Calか。これだな!」とか言いつつキットカットをかじるファーザー・クリスマスがYouTubeで確認できる。

どうしたレイモンド! 困りごとがあったら相談に乗るし。


まあホントはモンドはお冠で、TIMES紙に「俺のキャラを宣伝に使うな!」と怒りのコメントを寄せたとか。下記参照。

【参考】アンモナイト -Ammonite-熊と雪だるまの悲哀

つまり、自分のキャラを完全に売り渡してしまったようだ。でもそんなこと言うなら、少しでも権利を保持しとけば…とも思う。

おおっと、メーカー公式のページがまだ残ってたぜ。
http://www.irn-bru.co.uk/snowman/index.html

このページには、CMで使われた歌詞も載っている。不幸をお裾分けするために筆者によるお粗末な和訳もプレゼント。

We're walking in the air
I'm sipping on an IRN-BRU
My chilly snowman mate said that he would like some too
I tell him, get your own
He looks like he is about to cry
I tell him once again that the IRN-BRU is mine
Now I'm falling through the air
I wonder where I'm going to land
He nicked my IRN-BRU and let go of my hand

【訂正】よりイヤな感じにしました

ボクらは空を散歩したんだ
ボクがIRN-BRUを飲んでたら
ダルマが「オレにもくれよ」とか言うので
ボクが「てめえで買え」と答えたら
奴は泣きそうな顔をするんだ
「そんな顔してもやらねえし」と追い打ちをかけたら
次の瞬間、ボクは放り出されていたんだ
どの辺に落ちるんだろう
奴はボクの手の代わりにIRN-BRUを掴みやがったんだ

(∩゚д゚)アーアーきこえなーい

なお、このCMについては下記でも詳しく言及されているのでご参考までに。

【参考】Tribal TheatreSnowmanで100万ビュー突破

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/14

【追記】今週もっとも売れたアニメDVDは…

【06.15追記】

取材時は変なデータが表示されてたっぽい。これはこれで貴重なスクリーンショットなのでこのままにしておく。

ちなみに、「がくえんゆーとぴあ まなびストレート!STRAIGHT 3 期間限定版」は初登場9位でした。同日発売のサクラ大戦より売れてません。

むっちーブレーキ説。

DVDアニメ 週間ランキングORICON STYLE-ランキング
http://www.oricon.co.jp/rank/da/w/
 (リンク先は随時更新されます)

Oricon_anime_w_070618

トトロ。

おい6年前。

金曜ロードショーとかで放映してないよね? ブーストがかかる理由が分からない。

ちなみに、ギアスは3週目なので、そんなに悲観せずとも良い

あれ、ぼくらの「まなびストレート! Vol.3」がないよ!? むっちーがパケ写だから???

※たぶん来週付です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/11

タイムスリップ的な

ワケあって、桃園県に短期出張してます。

日式(日本風)居酒屋で、バターの香り漂うカツ丼を食べつつテレビを観ていると、「欽ちゃんの仮装大賞」を中国語字幕つきで放送している。

って、いつの仮装大賞だYO! 欽ちゃんロン毛で動きに妙にキレがあるしバニーがブラックだし、「五重の塔」とかいって脚立に5人縦に並んだだけで合格してるし!! 鶴間さん鶴間さん、こんなんでいいんですか? 何か言ってやってくださいYO!

ええい、こうなったら第何回か推理してやる!!! ヒントカモ~ン!!!

  1. バニー(エスコートガール)がブラック
  2. 五重の塔ネタがある
  3. 欽ちゃんがロン毛
  4. マッハ文朱が審査員(30歳以下の人には分からんな…)
  5. あと、正月特番って言ってる

さて、ここでおなじみWikipedia。

Wikipedia - 欽ちゃんの仮装大賞

コスチュームの変遷
第1回~第19回 ブラック
第20回~第35回 レッド
第36回~第55回 ビリジアン
第56回~ ホワイトのボア

むう、これはバニーフェチの仕事…!

これで1~19回に絞られました。

Wikipedia - 欽ちゃんの仮装大賞の作品一覧 を参照すると、正月特番として放映されたのは、3・5・8・11・14・17回。

第3回:1981年1月3日(土)19:00~20:54(※土曜スペシャル枠で放映)
第5回:1982年1月2日(土)18:30~20:54
第8回:1983年1月1日(土)18:30~20:54
第11回:1984年1月2日(月)18:30~20:54
第14回:1985年1月1日(火)18:30~20:54
第17回:1986年1月2日(木)18:30~20:54

マッハ文朱が審査員をつとめたのは

第8回
審査委員長 - 青島幸男
審査員 - 岡田眞澄/大山のぶ代/所ジョージ/マッハ文朱/青島幸男/藤田弓子/水野晴郎/赤塚不二夫/うつみ宮土理/山本晋也

あった! 今日観たのは8回に決定~!!

その他の作品 - 1番 もちつき/2番 門松/3番 鯉の滝のぼり/5番 トランプ/6番 大相撲正月場所/7番 竜巻/8番 雨あがり/9番 旧のクリスマス/10番 五重の塔

見つけたよ、鶴間さん! 五重の塔も…!


そういうわけで、今日やってたのは20年以上前のVTRだから、「日本人のギャグセンス古すぎプギャー」とか言わないように>台湾人

台湾の日本のテレビこんなんばっかだから。未だメインイベントが馬場・ハンセンだったり川口浩と藤岡弘、の探検隊を一緒にやっちゃったりするから。ホント。


それにしてもWikipediaって…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/11

【追記】アクセスが増えたと思ったら…

さかのぼること2日前。

ハルヒネタをやってないのに、アクセスが急増。おかしいな~と思ってアクセス解析にかけた。

検索ワード:
 竹本泉 NHK 動画
 あの歌が聞こえる 竹本 ようつべ
 あの歌が聞こえる 動画

甘  っ  た  れ  る  な

@niftyなんぞにNHK×JASRACな動画アップしたら速攻血祭りだべ。筆者にそんなもの求めてはなりません。ていうか、再放送もあるんで、そっちを待った方が吉。


まあ、ぶっちゃけ上がってはいるんだけどね

前半:http://www.youtube.com/watch?v=xr_8ECWkZrs 【消滅】
後半:http://www.youtube.com/watch?v=35kUWj31a5w 【消滅】

また例によって瞬殺だろう。それに、こういう紹介記事も「幇助!」とか言われかねないこんな世の中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/06

アタック

「さあ、海外旅行を賭けたクイズです。今日はある人物の名を当てていただきます」

Egachan

「その人物の名は!?」


ていうかさ、アメリカ歴代大統領とかと同じフォーマットで記述するのやめて>Wikipedia。

明け方の腹筋にキツいから。


Wikipedia - 江頭2:50
Wikipedia - パネルクイズ アタック25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/24

新海カントクのアレ

それでだ、その帰りにTSUTAYAに寄って「雲のむこう、約束の場所」を借りたわけですよ。

「人を想うこと」に重きを置きたいカントクの意図はともかく、ちょっと精神的に過ぎやしないか?

戦後、南北に分断された日本とか、北海道にそびえる謎のアレとか、巨大な舞台装置の前でアヤトリの実況中継を観てるようなもどかしさを感じるのね。

前半の中学生時代のエピソードが意味なく長くてダレるし、ヒロインがアレになっちゃう前から、主人公は北海道のアレにあこがれてんだけど、理由全然分かんないし。あと、政府と利害の一致するテロリストって何?

中学卒業後、進路も立場も違えた親友と簡単に仲直りしすぎ。銃とか突きつけてたのになあ。

最後、ついに主人公は戦火の中、アレへの命がけの飛行に出発し………大したトラブルもなく簡単に到着。んで、すべてがあっさり解決。おめでとう、ああ、本当におめでとうございます。

食  い  足  り  ね  え。

背景は相変わらず凄いし、ヒロインも(デザインはともかく)フニャフニャした動きがかわいい。


次回作は大げさな舞台装置がないようだから、そういう意味でのアンバランスさはないと思うけれど、さらに地味な映画になる予感。

まあ、頑張れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

細田カントクのアレ

「時をかける少女」を車を飛ばして嫁さんと観に行く。「シネプレックスわかば」というシネコンが最寄り劇場だった。

坂戸遠いっちゅうねん。

130人収容の小劇場に、土曜の夜に30人もの熱心なお客さんを迎え上映開始。

主人公と「親友」2人の演技が自然で良い。お話は悪くない。後半の盛り上げ方が、スレてしまった筆者にはちょっとシラケるけど、「青春モノ」というくくりなら文句なし。

終盤ちょっと冗長なのが気になった。ここら辺で終わりかな~と思ったら続きがあって二、三回ずっこけた。

作画が崩壊しているわけではないけど、作画のタッチが劇場向きでないと思う。DVDで自宅のテレビに映してみてちょうど良い感じ。

パンフレット、薄くて高すぎ。買ってもしょうがない。

ラストの1チャージしてくれた(と思われる)アレは、何だったのだろう?

あと、芳山和子が薬学博士を志していないのはどうかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/25

「時をかける少女」アニメ映画化

NEWS@nifty:「時をかける少女」がアニメ映画化(スポニチ)

女子高生が“タイムリープ(時間と場所を跳躍)”するベースはそのままに、登場人物や物語を一新。

待て。

それは単なるタイムスリップものであり、「時をかける少女」でも何でもないのでは、と。

公式サイト。
http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/index.php

監督は2005年春の劇場版「ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島」を手がけた気鋭の監督、細田守。

ほ、細田大将―――――――ッ!!!

それを美術として画面に表現するのは、「もののけ姫」「火垂るの墓」など、多くのスタジオジブリ作品の美術監督を務めた山本二三。

山本先生―――――――ッ!!!

脚本を担当したのは「学校の怪談」で日本アカデミー賞脚本賞を受賞した奥寺佐渡子。アニメーション作品はこれが初めてです。

きれいに3段オチが決まったところで寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/16

音楽はヴァンゲリス以外不許可

ぐえっ、何じゃこりゃ。

ディズニー版「南極物語」
http://www.disney.co.jp/movies/nankyoku/index.html

これ、タロとジロの奇跡が実話であることに意味があると思うんだけど、アメ公の役者に置き換えちゃうのはどうなのよ?

そもそも犬を置いていかねばならなかったのは、アメリカの軍艦の艦長が犬の収容を認めなかったからじゃなかったっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)