2007/06/21

「LAME」と「午後のこ~だ」のクセを見切ってみた(後編)

前回のエントリはこちら:
「LAME」と「午後のこ~だ」のクセを見切ってみた(前編)

今回の実験で使用した、各エンコーダの設定は以下のとおりです。その他、高音質を謳ったオプションにはチェックを入れています。

設定項目

LAME

午後のこ~だ

圧縮モード

VBR(可変)

最低/最高ビットレート
(Kbps)

32/320

ステレオモード

ジョイントステレオ

共包絡ステレオ

エンコード速度

0:高音質

高音質/非常に遅い

ところで各エンコーダには、「1秒平均でどのくらいビットを割り当てるか」を設定できる項目があります。「LAME」では「ビットレート音質」、「こ~だ」では「VBRクオリティ」と呼ばれています。


「LAME(LIFE)」はここ。ただし、平均ビットレートは事前には分からない


「こ~だ」はここ。「ターゲットレート」で大体の目安が示される

この項目を変えながら圧縮を行った結果が以下の表です。

LAME

0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

平均
Kbps

241

228

202

159

147

130

119

111

95

79

サイズ
MB

7.8

7.3

6.5

5.1

4.8

4.2

3.9

3.6

3.1

2.6

 

こ~だ

0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

平均
Kbps

204

197

194

187

171

147

117

110

107

92

サイズMB

6.6

6.3

6.3

6.0

5.5

4.7

3.8

3.6

3.5

3.0

「LAME」に比べると「こ~だ」の変化幅が狭い以外に、とくに不審な点はありません。また、平均ビットレートとファイルサイズは比例するので、これもどうということはないでしょう。

強いて言うなら、「こ~だ」のターゲットレート表示はあてにならない事が分かります。(設定1のとき、160Kbpsとか表示されていた気が…)。

それではこの中から、ほぼ同じ平均ビットレートとなった、「設定2のときのLAME」と「設定0のときのこ~だ」の周波数分布を解析してみましょう。


LAME: VBR(Avg.202Kbps)…設定2

GOGO: VBR(Avg.204Kbps)…設定0

赤いラインは無圧縮の場合の分布です。「LAME」は19,000Hzあたりでローパスフィルタがかかっています。対して、「こ~だ」は大きな違いがありません。

「こ~だ」のローパスは、設定3から有効になることを以下のエントリーで確認しています。
http://ott-mercus.cocolog-nifty.com/kisama/2007/04/post_8eda.html

それでは、設定0(最高音質)の「LAME」はどうでしょうか?

LAME: VBR(Avg.241Kbps)…設定0

リミットが変わるだけで、ローパスフィルタそのものは無効にならないようです。では、おそらく設定上の最高音質と思われる、CBR(固定ビットレート)320Kbpsではどうでしょうか?

LAME: CBR(320Kbps)

傾向が変わりません。また、ほんの少しですが高音が強調される傾向があります。

【参考】GOGO: CBR(320Kbps)


高い周波数の音を圧縮するには大きな情報量が必要になります。しかし、十分なビットレートが割り当てられないとひずみとなって聴感を損ねます。そこで、ローパスフィルタを駆動して、前処理で高い周波数の音をカットし、これを防ぎます。

さて結論です。2つのエンコーダのもっとも大きな「クセ」の違いは、このローパスフィルタのさじ加減と言えるでしょう(エントリーの最後に、他の設定での比較を掲載したので参照して下さい)。

とはいえ「『こ~だ』は『LAME』より高音質じゃねえの!?」とは簡単に言えないのが難しいところです。

この周波数分布グラフは、あくまで各周波数帯の最大値を示すもので、傾向は分かりますが音質を示すものではありません。

「こ~だ」は確かに原音と似た傾向を示しますが、高音を無理して詰め込んでいるかもしれない。結果、どこかでひずんでしまっているかもしれない。

「LAME」は高音部分の記録は早々にあきらめてしまっていますが、その分、人の耳が感知しやすい低~中音に情報量を割り振っているかもしれない。

  • 現実路線の「LAME」
  • 理想主義の「午後のこ~だ」

というイメージでしょうか。

音質の善し悪しを決めるのは最終的には「聞く人」です。実際にお気に入りの曲を2つのエンコーダで圧縮して、耳に合う方を選んでも良いでしょう(正直なところ、違いが分からないかもしれませんが…)。その際、このエントリーが参考になれば幸いです。


LAME: VBR(Avg.95Kbps)…設定8

GOGO: VBR(Avg.92Kbps)…設定9

LAME: VBR(Avg.111Kbps)…設定7

GOGO: VBR(Avg.110Kbps)…設定7

LAME: VBR(Avg.147Kbps)…設定4

GOGO: VBR(Avg.147Kbps)…設定5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/16

台湾新幹線の切符は券売機で軽やかに買え!!

まもなく開業半年となる台湾新幹線ですが、平日で約3.3万人、休日で約4.3万人前後の利用客がおり、まずまずの出だしのようです。

さて、皆さんの中には既に来台して新幹線にも乗ったヨ! という方もボチボチいるのではと思いますが、切符はすんなり買えましたか?

駅に行くと、窓口と券売機のどちらかで切符を買うことになりますが、窓口だとやはり混むことが多いし、言葉が心配

※ちなみに、窓口係員はほとんど英語Ok。たまに日本語Okの人もいるが、期待しないこと。紙に書いて見せるのが実は一番確実。筆者、在来線ではよくやる

そんなときおすすめなのが券売機。窓口同様現金もカードも使えます。また、操作手順がややこしいのでいつも空いている(これはメリットなのか?)。そんな券売機の使い方を今日は特別にレクチャー。華麗に軽やかに切符を購入し、同行者に台湾通っぷりをさりげに披露したりしよう!

購入前の注意:6月からの新規定により、切符の販売は発車5分前に締め切られます。また、発車2分前に改札を通れなくなります。これは、駆け込み事故が続発した事に伴う安全措置です。駅には余裕を持って出かけましょう。


まずは券売機の外観をご紹介。どん。

①を見て、カードを使いたい人は「信用卡」現金の人は「現金」の表示のある券売機を使用して下さい。また、カードは今のところ VISA か MASTER の提携カードのみです。JCB や AMEX は対応していません。ちなみに「金融卡」はデビットカードのことですが、日本のモノは当然使えません。

②…カードの人はここにカードを入れたり、暗証番号を入力します。

③…現金の人はここから投入します。幻の200元、2000元札も使えます。

④…ほとんどの操作はここから行います。なんかタッチしたとこから豪快にずれてボタンが押されるけど気にしない

⑤…忘れ物注意。


1.この画面が出ていたら、適当にタッチして予約開始。

2.「對號座(指定席)」をタッチ。台湾新幹線は今のところ全席指定席なので、「非對號座(自由席)」はありません。ならなぜ選べる!? ちなみに「到站取票」は電話予約者向け。「月台票」は入場券ですが、今のところ販売されていません。

3.片道の人は「單程票」、往復の人は「去回票」をタッチ。

4.降車駅をタッチして、右下の「確認」をタッチ。「變更起程站」を押すと乗車駅を変更することもできます。

5.大人と子供の乗車人数をタッチして入力します。デフォルトで大人=1、子供=0にセットされています。入力したら「確認」をタッチ。

※子供だけの乗車はできないようですね。

6.乗車日を入力します。1ヶ月先まで予約できます。デフォルトで今日の日付にセットされています。入力したら「確認」をタッチ。

7.乗車したい時間帯を入力します。デフォルトで現在時刻がセットされています。入力したら「確認」をタッチ。

8.6.と7.で入力した日付・時間帯で、乗車可能な列車が表示されます。「商務車廂」はファーストクラス(グリーン車)、「標準車廂」が普通車となります。お好みでタッチ。

※往復切符を選択した人は4.に戻ります。

9.予約内容が表示されます。問題なければ「確認」をタッチ。

10.支払い手段をタッチして選択します。ここでは、カード(信用卡)を利用した場合を説明します。

11.「カードを挿入して、暗証番号を入力して下さい」と表示されます。

12.操作がいきなり②のところに移るけど泣かない。ここでも金額と「カードを挿入して下さい」と表示されています。

13.カードを挿入します。ちなみに筆者は MASTER 提携カード。

14.「取引終了後は取り消せません(輸入ENTER/取消CANCEL)」と表示されるので…↓

15.まず②のテンキーから「輸入(ENTER)」だけを押す。ここがポイント。いきなり暗証番号を入力しないようにご注意。番号を入力してしまうとカードが突っ返されます。

16.そして暗証番号入力。4桁入力して「輸入(ENTER)」。取引完了後、カードが②のスロットから排出されるので忘れずに受け取って下さい。

17.取引に成功すると、この画面になります。「レシートは必要ですか?」と聞かれるので、欲しければ「是」をタッチ。

18.わーい。⑤からレシートと切符を忘れずに回収します。現金の人はお釣りが出ます。

現金の方へ注意お釣りはコインのみで出るので、1000元や2000元札で安い切符を買うと……。ちなみにこの券売機、「スロットマシーン」というあだ名が付いてます…。

分かりましたか? ちょっと手数が多いような気がしますが、1回体験すればどうということはありません。あと、昔のバージョンは中国語/英語が切り替えられたような気が…。


【オマケ】切符まめちしき

こちらが切符表面。全席指定なので決められた号車、席に座ります。アルファベットは日本の新幹線と同じで、A~Cが3列、DとEが2列シートになります。

こちらは裏面。前も書きましたが、改札機にはこちらを上にして通します。謎仕様。

改札機の例。扇形の小洒落たシャッターが特徴です。

先ほど書いたとおり、切符は黒帯のある面を上にして挿入します。ちなみに「感應區」とは非接触型ICカードセンサーで、まだ使われていません。

ここが日本と違う点ですが、取り出し口から切符を引き抜いて初めてシャッターが開きます。これは、在来線や捷運(新交通)と同じ作法です。日本と同じ感覚でさっさと通ろうとするとハマります。

出札するときも同様に、改札機に切符を通し、取り出し口から引き抜くとシャッターが開きます。

また、全体的に動作が緩慢なので、落ち着いてゆっくりと扱って下さい。


【もいっちょオマケ】

1.予約システムがかなりシンプルな仕組みらしく、とりあえず前の車両からどんどん詰めていくため、大抵1号車2号車あたりはほぼ満席で、12号車はガラガラ。

2.一応、車内放送では「携帯はデッキで…」と言ってはいるが、みんな座席でガシガシかけまくっている。ちなみに座席テーブルには「携帯は小さい声でしゃべってね」と書かれてはいるが(以下略)。

3.エスカレータの速度がやや速い。台灣高鐵では、大きな荷物を持った人、子供・お年寄り・障碍のある人はエレベータを使うよう呼びかけている。実際、今も2~3日に一回のペースでエスカレータでけが人が出ている。人食いエスカレータ。

4.車内放送は、北京語・台湾語・客家語・英語の順。とりあえず3つの中国語の違いを味わうのが通。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/06/13

「LAME」と「午後のこ~だ」のクセを見切ってみた(前編)

愛と感動の後編はこちら
http://ott-mercus.cocolog-nifty.com/kisama/2007/06/lame2_6b24.html

ISO が提示したサンプルにパッチを当てながら改良・発展した「LAME」。さらにLAMEから派生した国産の「午後のこ~だ」。この2つの mp3 エンコーダは親子丼の関係にあると言えます。

丼言うな。

さて、「LAME」と「こ~だ」にはどのような違いがあるのでしょうか? あるいは、違いはないのでしょうか?


1.今回ネタにしたCDはこちら。

孫燕姿(ステファニー・スン)/逆光  ※日本語ページ
http://japanese.cri.cn/134/2007/04/05/1@90557.htm
http://plaza.rakuten.co.jp/chinapops/diary/200705230000/

中国語圏で人気のシンガーが、3月に発表したばかりのアルバムです。いや~、日本からCD持って来るの忘れちゃって現地調達。買っといてアレだけど、今回のアルバムはあんまピンとこない。

その中から4曲目「咕嘰咕嘰(JIS漢字で[口古][口幾][口古][口幾])/グジグジ」というおもしろい曲をサンプルに採用。 出だしはエレクトロポップっぽいのに、途中オーケストレーションが入ったり、ラップになったりと要素が多彩なので平均点的な結果が期待できます。

2.解析ソフトは前回と同じWaveSpectraを使用します。

efu's pageWaveSpectra for Windows

3.「午後のこ~だ」は公式サイトから最新版を入手します。

@MARINECATフリーソフト Windows

最新版といっても、2004年5月に小改訂された Ver 3.13a なのでちと寂しい。このバージョンは標準の手順では Windows Vista にインストールできないことが報告されています。

※ 一番簡単な対策は、Vista 以前の Windows にいったんインストールして、/Program Files/WinGOGO/ フォルダをまるまる移動。これ。

4.「LAME」を入手します。Ver 3.97(2006年9月版)が記事執筆時の最新正式版です。

LAME 公式サイト ※英語ページ

LAME は決まった GUI を持たないので、必要なら別途お好みで入手します。筆者は以下をセレクト。国産です。

KKKKK.NetLame Ivy Frontend Encoder (LIFE)


これが、この曲の無圧縮WAVEファイルを解析した波形です。各周波数帯のピーク値です。当然ながら、変なリミットがかかった痕跡はありません。

さて、ここでおもしろいグラフをお見せしましょう。どん。

これ、実は1枚目と同じデータだと言ったら信じてもらえます? 1枚目の横軸真ん中あたりの「1k(Hz)」は、2枚目ですと横軸0と2の間になってしまいます。それでいて扱っている周波数の範囲はほぼ一緒なんですよ。恐ろしいですね。

音や電気信号の周波数分布を扱うときは、1枚目のグラフが一般的です。対数的に軸を取る理由を簡単に言うと「20Hzあたりで1Hz違うと大騒ぎだけど、20000Hzあたりで1Hz違っても無問題」ということです(←なんだそれ)。

本記事では、違いを強調するため2枚目のグラフを積極的に使っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/25

【訂正】北京語の「n」と「ng」があっさり区別できる話

以前、日本語には3種類の「ん」の発音がある、という話をしました。しかしそれは、後に続く子音に引っ張られているだけで、意識して区別していないよと。

対して、北京語では「ん」は2種類しかありませんが、意識して区別しないと意味が変わります。

さて、ケータイのことを北京語で「行動電話」(または「手機」)と書き、シンドンディエンフアと発音します。

このとき、この「ン」は n だったっけ? ng だったっけ? と迷うことはありませんか?

――カタカナでおぼえてるYouが悪いyo

すまん。

この間、ある入門書で読んで目からウロコと一緒に眼球とそれに続くヒモみたいなのまで落ちたんだけど、その入門書には「そゆときは《日本語の音読みを思い出す》と良いyo」と書いてあった。

つまり、音読みで「ン」の漢字は北京語でも n 、それ以外の時は ng だよ、と。

さっきの例では、「行動電話」は日本語の音読みで「コウ-ドウ-デン-」なので、「行」「動」は ng で、「電」は n になるはずです。どうかな?

  • 行動電話 → xíng dòng diàn huà

あ、マジだ。

よ~し、じゃあ筆者の貧弱なボキャブラリで検証しちゃうぞ~。


成田機場(成田空港)
セイ
デンジョウ → chéng tián  chăng 

中正公園
チュウセイコウエン → zhōng zhèng gōng yuán 

東京
トウキョウ → dōng jīng 

香港
コウコウ → xiāng găng 

新幹線
シンカンセン → xīn gàn xiàn 

新聞(ニュース)
シンブン → xīn wén

便利商店(コンビニ)
ベンショウテン → biàn  shāng diàn 

湯麺(汁に入った麺)
トウメン → tāng miàn ※寝トボけてたので訂正しました。よこやま先生多謝

三頓飯(三度の飯)
サントンハン → sān dùn fàn 

銀行員
ギンコウイン → yín háng yuán

軟件(ソフトウェア)
ナンケン → ruăn jiàn 

信用
シンヨウ → xìn yòng

経営
ケイエイ → jīng yíng

心臓
シンゾウ → xīn zàng 

精神病院
セイシンビョウイン → jīng shén bìng yuàn

訂房間(ホテル予約)
テイボウカン → dìng fáng jiān 

侵犯人権(人権侵害)
シンパンジンケン → qīn fàn rén quán 


つまりこれは、昔の日本人が漢字を日本語に導入するときに、n と ng の区別が付くよう音読みを制定したということだよな。おお、ありがとう古代の日本の人! クレバー過ぎるぜ古代の日本の人! 筆者、久々にヌレヌレになったわい。

まあこの方法では、書く方は良いとして、聞く方は全然進歩しないけどね。

※めんどいので、簡体でも繁体でもなくJIS漢字を使用しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/18

Lomoを買わずに小洒落た写真を作る方法

Lomoに代表されるトイカメラの、そのチープながら独特な描写を好む人は結構多い。

かくいう筆者の嫁さんもLomoを購入し、「AgfaPhotoが破産した! Agfaが! Agfaフィルムが~」と親戚の事のように狼狽し、九州旅行に持参して嬉々としてパシャパシャ撮るも、腰ベルトホルダからフィルムをボロボロこぼして(主に筆者を)ウザがらせ、あげくにフィルム装填ミスで全然写っておらず(主に筆者を)失笑させた。

「小洒落た写真は撮ってみたいけど、Lomo買うなんて大げさだぜー」と思っている人(主に筆者が)におすすめなのがこれ。

トイカメラ風に画像を加工「LOMO*LIKE」v0.9
窓の杜今日のお気に入り(5/14)

画像をいわゆる“トイカメラ”で撮ったように加工するソフト。ブログやSNSの日記用などにお勧め。

普通の画像ファイルをドラッグ&ドロップすればトイカメラ風、すなわち“周辺光量落ち”“甘めのピント”“青み”“鮮やかすぎる発色”“プリズム現象”“色ズレ”といった効果を一度に施せる。

ダウンロードはこちらから。
【よしだゆたかのshockwise.com】TOOLダウンロード

ただし、扱える画像サイズは240×240ピクセルに限られるし、ユーザーは効果のかかり方を一切コントロールできない上に、同じ元画像でも、本当のアナログカメラのように、ドロップするたびに若干結果が変わる。

どうせBlogに貼るときは縮小するんだから、240ピクセル固定というのは、まあありなんじゃないかと思う。それより、画像を正方形にトリミングするのに意外に苦労する。長方形に切り取るクセがついているからだ。

  

  

  

  

  

©Ott-mercus 2007


シェアウエア(試用可)かつPhotoshopプラグインでよければ、こんなのもある。

Flaming PearMelancholytron

加工サイズに制限はないし、パラメータが自由にいじれる。なので、トイカメラシミュレータとしてだけでなく、小洒落フィルタとしても使える。

Img_6992

©Ott-mercus 2007

さあ、この夏、小洒落た画像をBlogに貼って何か分かったような気になってみよう!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/18

今さらながら、「午後のこ~だ」のベストセッティングを研究してみた

ホント、今さらなんですけどね。

筆者、手持ちのCDを片っ端から「午後のこ~だ」でmp3圧縮して、自宅サーバにライブラリを構築しています。進行状況は、総コレクションの半分ちょっとを超えたあたりで、まだまだ先は長いです(台湾駐在になっちゃいましたしねえ)。

ついでに、「あまり思い入れのないCDはデータ化して捨てちゃおう計画」を発動予定ですが、これはまた別の話。

先日、戯れに大陸の某検索サービスで、すでに持っている曲を落として聞き比べてみたわけです。そしたら何か、落としたヤツの方が音がいいじゃありませんか! ちなみに、落としたヤツは160KbpsのCBR(固定ビットレート)で、筆者のは32-256KbpsのVBR(可変ビットレート)ですが目標レートを128Kbpsに設定して圧縮したものです。

ちなみに、「午後のこ~だ」では、この画面で目標レートが設定できます。

午後のこ~だ:可変レート設定メニュー

たいていのエンコーダは、低いレートの時は自動的にローパスフィルタを働かせ、音のひずみを防ぐようです。そんな解析結果をいくつかWeb上で見た記憶があります(参考ページ)。ローパスフィルタは、高い周波数の音を削ってしまうので、どうしても音質は落ちます。

しかし筆者はVBRで圧縮したわけですよ? ヤバそうな所は一時的にレートを上げて、可能な限り高音質になるよう、エンコーダさんは頑張ってくれるものだ!

そんなふうに考えていた時期が、筆者にもありました。


VBR設定の時、ローパスフィルタは働いているか? スペクトラムアナライザ(周波数分布解析)の機能を持つソフトを使って調べてみました。今回使ったのはこれ。

efu's pageWaveSpectra for Windows

解析中の画面は以下のようになります(注:WAVしか解析できないので、いったんWAVファイルにデコードして食わせてます)。

WaveSpectra for Windows

だめータイトルに着目しちゃダメー

「上記の曲」の解析結果はこちら。

VBR 32-256Kbps, 目標レート160Kbps
Fa160k

VBR 32-256Kbps, 目標レート128Kbps
Fa128k

ナチュラルにローパスかけてるやん…orz

【追記】というわけで、残念ながらVBRの最大/最小ビットレートに関係なく、画一的にローパスをかけてしまっているようです。


「午後のこ~だ2」では、ローパスフィルタを明示的にOn/Offできたのですが、「午後のこ~だ3」は、目標レート次第でローパスフィルタのかかり方が自動的に変わるようです。

目標レートを変えて圧縮したデータをWaveSpectraで解析し、ローパスフィルタの上限周波数を調べました。「上限周波数」とは、これより高い周波数の音は記録されないことを示します。

目標レート

上限周波数

128Kbps

15,902Hz

135Kbps

17,291Hz

140Kbps

18,572Hz

145Kbps

20,402Hz

150Kbps

(とくに減衰なし)

160Kbps

(とくに減衰なし)

というわけで、目標レート150Kbps以上でローパスフィルタは無効になるようです。数曲試しましたが、ほぼ同じ傾向でした。

筆者、あらためて目標レート128Kbpsと150Kbpsで圧縮した曲を聞き比べてみました。128Kbpsの方は15KHzあたりでばっさり切られているとはいえ、特定の音が聞こえなくなるとかそういうことはありません。聞けない音というわけでも決してありません。

実際、これでライブラリを構築してきたわけですし。

しかし、目標レート150Kbpsの音と比べると、結構負けてます。150Kbpsの方は、空気感というか、音の広がりが確かに違う。これを聞いてしまうと、128Kbpsの方はこもった感じで聞き疲れしやすいかもしれません。

結論:ライブラリ構築やり直し。8GB・2,200曲。うひょ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/04/12

無料! 実用的! ノートラブル!なJIS第3・4水準漢字サポートフォントをがっつり入手する!

「はぴめそ。Blog」では、WindowsXP用MSゴシックおよびMS明朝のJIS第3・4水準漢字拡張パッチのトラブル事例を報告させていただきました。

オチとしては「ちょっと使い物にならねえぞ」ということで、アンインストール推奨となってしまったわけです。が、「Vistaはまだ早い! でもJIS第3・4水準漢字は使いたい!」という人はいるでしょう。

そこで、無料・実用的で(以下略)なフォントをご紹介して、皆さんの溜飲が下がったらイイナ! と考えたわけです。

前口上はこのくらいにして、今回、ご紹介するのはこちら。

Y.Oz Vox
http://yozvox.web.infoseek.co.jp/

ここではいくつかのフォントが公開されていますが、今回はこれをダウンロードします。

http://yozvox.web.infoseek.co.jp/YOz04.7z

JIS第3・4水準対応、ペン字風字体です。

7-Zipという方式で圧縮されているので、対応解凍ソフトが必要です。Lhazあたりが手軽でおすすめです。

解凍すると、たくさんのフォントができますが、違いはひらがな・カタカナだけなので、とりあえずこの2つのフォントをインストールしてください。手動で。残りはお好みで。

  • YOzR04S_.TTF(基本フォント)
  • YOzR04SP.TTF(プロポーショナルフォント)

JIS第3水準漢字見本

「崎」の異体字「﨑」や「草なぎ剛」の「彅」は、IBM拡張漢字としてDOS/Windowsローカルではとりあえず使えますが、本来はJIS第3水準漢字なんですね。

使い慣れた明朝やゴシックではありませんが、なかなかに整った書体で実用性も高い。おすすめです。

注意:システムフォントを置き換えるものではないため、Vista相当の使い勝手を完全に提供することはできません。あらかじめご了承下さい。

関連記事:「XPでJIS第3・4水準漢字!!」の巻

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/07

「白い恋人」がアニメになったヨ!

ていうか、放送は終わってるけどな。

石屋製菓>アニメーション 『白い恋人』 テレビ放送のお知らせ
http://www.shiroikoibito.ishiya.co.jp/anime/anime.php

なんで「白い恋人」の話なのかというと、日本から来た某氏にもらったからであり、本人は「北海道土産だ!!」と言い張っていたが、成田の出国が済んだ後のANA FESTAにもさりげなく置いてあったりするのを筆者は知っている。

【追記】 BLUE SKY(JAL系ショップ)にもあります。

ちなみに、台湾の人の北海道ブランドへのあこがれは異常であり、スーパーなどで絶対何の関係もないパック入り牛乳や変なお菓子にも「北海道何ちゃら」の文字をよく見かける。

よって、台湾に来るときに成田のANA FESTAで「白い恋人」を購入し、お土産に持ってくれば、台湾の人大喜びであり(マジ大人気)、2~3日はヒーローでいられるかもしれない。

脱線した。が、謝らない。

<ストーリー> 時計台に住む不思議なおじいさんネコに連れられてタイムスリップしたのは 昭和25年(1950年)の札幌第一回目の雪まつり会場で味噌ラーメンを すすりながらデートをするのは恋人同士のネコ、クロとユリ。 2人はやがて結婚し小さいながらも自分のお菓子屋さんを開く・・・・。

誰がタイムスリップしたか分からなかったり、「第一回さっぽろ雪祭り」とリアルな舞台を設定しておいて猫がラーメン食ってたりと読んだ者を不安に陥れるあらすじだが、今日はこの辺を「白い恋人」を食べつつ血祭りに挙げていきたい

さっぽろ雪まつりの歴史(さっぽろ雪祭り公式)
http://www.snowfes.com/contents/about/history.html

雪まつりは、1950年に、地元の中・高校生が6つの雪像を大通公園に設置したことを きっかけに始まりました。雪合戦、雪像展、カーニバル等を合わせて開催、5万人あまりの人出で予想以上の大人気でした。以後、札幌の冬の行事として市民に定着していくことになります。

新横浜ラーメン博物館>全国ご当地ラーメン・札幌
http://www.raumen.co.jp/home/study_raumen_sapporo.html


味噌ラーメンの開発が札幌ラーメンに大きな変革をもたらした。札幌「味の三平」の大宮守人氏(故人)がその創設者である。アメリカの大手スープメーカー、マギー社の社長がリーダーズ・ダイジェスト誌に、日本の食文化について次のように記述した。

「日本人は味噌という素晴らしいソースをもちながら、それを活用していない」

元来味噌好きの大宮氏の頭から、その言葉が離れなかった。当時のサッチョン族(札幌の単身赴任者)から「豚汁に麺を入れて欲しい」との注文を受けたのを機に、味噌ラーメンの研究を始めた。

常連客用にテストメニューとして昭和30年から開発を手がけ、昭和36年には正式にメニューに加えられた。これが、今ではラーメンの定番となっている味噌ラーメンの草分けである。

ダ――ウ――ト――――――――!!!!! 「第一回さっぽろ雪祭り」の会場で、味噌ラーメンは喰えない!!

上記によると、「札幌ラーメン」というものは大正時代から存在しているが、味噌ラーメンは大宮氏が昭和30年に発明したのがハッキリ分かっているわけ。やがて、味噌ラーメンが全国的に有名になると、「味噌ラーメン=札幌ラーメン」へ変わっていったと。

たかだか2行だか3行だかの文面に、いきなり歴史的矛盾をはらむ美技、あっぱれである(←ところで、さっきから何か偉そーじゃね?)。

石屋製菓的にも昭和25年はそんなに大きなトピックもないようだ。

石屋製菓>沿革
http://www.shiroikoibito.ishiya.co.jp/cmn5/enkaku_top.php


1947 昭和22年 政府委託の澱粉加工業創業
1948 昭和23年 ドロップス製造開始
1957 昭和32年 生菓子製造開始
1959 昭和34年 資本金100万円にて石屋製菓株式会社設立(10月)

なんでわざわざ、こんな危険な時代を選んだのだろうね?

なお、アニメ「白い恋人」については、Wikiどんが詳しい。
Wikipedia - 白い恋人#アニメ作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/14

「XPでJIS第3・4水準漢字!!」の巻

【追記】KB927489を削除するときの注意点はこちら。
http://ott-mercus.cocolog-nifty.com/kisama/2007/02/xpkb927489_2eb9.html

【追記】無料で入手できるJIS第3・4水準漢字サポートフォントはこちら。
http://ott-mercus.cocolog-nifty.com/kisama/2007/04/jis_8d19.html


MS、Vistaで追加・変更された文字をXPで利用できる日本語フォントを公開(KB927489)
http://www.forest.impress.co.jp/article/2007/02/08/jis2004_xp.html

Microsoft Corporationは、Windows Vistaで「MS ゴシック」「MS 明朝」などの日本語フォントに施された変更を、Windows XP/Server 2003に適用するためのフォントファイルを公開した。

Windows Vistaでは、日本語フォントの収録文字における基準として、2004年に策定された最新のJIS規格である“JIS X 0213:2004”(以下、JIS2004)を採用している。このJIS2004では、Windows XP以前の収録文字と比較して、第3、第4水準漢字などが追加されたほか、一部の文字では字形が変更されている。

ちなみに、上記パッケージには「メイリオ」は含まれません。残念。

フォントフェチの筆者が軽やかにXPにインストールしましたよ。

…問題発生。

1.IEの一部標準フォントが変わった

  • なんか、ココログ(「はぴめそ。Blog」の存在するところ)の表示フォントが「UIゴシック」に変わる。読みづらい…
  • フォームに使われるフォントも何か変
  • Webサイトによっては、エンコードがUnicodeのときに、日本語で書かれているにもかかわらず中国語のフォントを使おうとする
  • まあ、この辺は許容範囲

    2.仕事に使えねえ

  • プリンタに出力すると、「PCL XL ERROR」とエラーコードの書かれた紙がはき出されて、印字が行われない
  • ローカルフォントを使う設定のPDF文書の文字が、すべてお豆腐(□)になってしまう
  • 致命的

    というわけで、速やかにアンインストール。上記1と2の問題は解消されましたとさ。

    っておかしいんじゃね? 文字追加して字体変更しただけじゃねえの? あーもう、せっかくJIS第3水準と第4水準の漢字を眺めてニヤニヤしようと思ったのになあ。

    「その辺使いたかったらVistaに移行しれボケ」というゲイツちゃんのゆがんだ愛情、とみた!!

    まあ、筆者は「TCM Unicode」でガマンするからいいよ! もう。 ふーんだ!


    注:筆者の環境固有の問題かもしれません。

    | | コメント (5) | トラックバック (0)

    2006/02/21

    ねこ雑感

    ねこという動物は、生まれた瞬間から10数年接していても、

    1.1ヶ月顔を合わさないとよそよそしくなり
    2.3ヶ月顔を合わさないと逃げ
    3.半年顔を合わさないと姿すら現さなくなる

    こういう生き物だ、覚えとけ!!!

    実際にされた本人が言うから間違いないから。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    より以前の記事一覧